『アメリカを売った男』

アメリカを売った男
FBIの見習い捜査官が、長年スパイ活動を行っていた
ベテラン捜査官の監視を続ける2ケ月間を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Breach(契約違反)
クリス・クーパー演じるロバート・ハンセンは22年間に
50人以上の捜査員をロシアに売り渡し、内3人はKGBに
処刑されたスパイ罪でコロラド州で終身刑となっているという。

ライアン・フィリップ演じる見習い捜査官エリック・オニールは
事件後、FBIを辞し弁護士になったという。

管理人の好きな女優さんの一人、ローラ・リニーが
エリックの上司ケイト・バロウズを演じている。
過酷な指示を出すのだが厳しい表情の中にも
和みが感じられるのは管理人の贔屓目だろうか...
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月22日(水)00:15:31
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
スパイと言っても、潜入捜査官みたいなもの。
二重生活で本人の性格が見失われていく様が怖い。

2010/07/28 (Wed) 21:19

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 81「アメリカを売った男」(アメリカ)
  • 私のために祈ってくれ  野心溢れる若きFBI訓練捜査官であるエリック・オニール。彼はある日曜、上司のケイト・バロウズ捜査官に呼び出され、新しく創設される?情報管理部?で、組織内でのトップ・クラスの捜査官ロバート・ハンセンの監視を命ぜられる。しかし、その真...
  • 2010.07.28 (Wed) 00:52 | CINECHANの映画感想