チェックディスク

前回のウィルス検査から日数が経ったとの警告ランプが点いていたので、
検査を開始した所、途中でファイルが破損しているとのアラートが出た。

ウィルス検査終了後、
■ デスクのエラーチェックを行ってみた。
方法:[マイコンピュータ]-[プロパティ]使用
参考サイト:ディスクのエラーチェックを実行する方法

原則:CHKDSKを途中でやめる事は出来ない
電源を切っても、次回起動時にはまた始まります。

NT系のチェックディスク(以下chkdsk)は、
以下の5段階に分けてチェックが行われる。
Stage 1:ファイルのチェック
Stage 2:インデックスのチェック
Stage 3:セキュリティ記述子のチェック
Stage 4:セクタのチェック(file data)
Stage 5:セクタのチェック(free space)

 ※Stage 4,5はかなり時間を要すので、職場で行う場合は注意が必要です!!

■ チェック結果の確認
方法:[マイコンピュータ]-[管理]使用
[コンピュータの管理]-[イベントビューア]-[アプリケーション]
最新のログ[Winlogon]の内容を確認する。
unused index entries from index $SII of file 0x9. とエラーが表示
参考サイト:くま同盟コンピュータLab blog

Checking file system on C:
The type of the file system is NTFS.
Cleaning up minor inconsistencies on the drive.
Cleaning up 1 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 1 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 1 unused security descriptors.

CHKDSK is verifying file data (stage 4 of 5)...
File data verification completed.
CHKDSK is verifying free space (stage 5 of 5)...
Free space verification is complete.
CHKDSK discovered free space marked as allocated in the volume bitmap.
Windows has made corrections to the file system.


この場合でも、コマンドプロンプトで

chkntfs c:

を実行して、エラーが表示されなければ、問題ないらしい。
参考サイト:マイクロソフト サポート オンライン
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月07日(火)00:40:36
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment