『インセプション』

他人の夢に入り込み
アイデアを盗む企業スパイが
ライバル会社会長の息子の
アイデア書き換えの依頼を受ける。

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:Inception(植え付け)
因みに「抜き取り」は Extract
依頼人:サイトー(渡辺謙) 航空会社を買収してしまう程の大企業のトップ
ライバル会社がエネルギーの独占するのを阻止する為、
病床のモーリス会長(ピート・ポスルスウェイト)の跡を継ぐ、
息子ロバート(キリアン・マーフィー)へのインセプションを依頼。
キャスト2番目にクレジットされる渡辺謙に拍手
クリストファー・ノーラン監督とは『バットマン ビギンズ』繋がりですね。

□ 実行メンバー6名
 リーダー コブ(レオナルド・ディカプリオ)
 相棒アーサー(『キルショット』のジョゼフ・ゴードン=レヴィット) … 第二階層で無重力工作
 設計士アリアドネ(『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジ)
 偽造師イームス(トム・ハーディ) … 第三階層で銃撃戦
 調合師ユスフ(ディリープ・ラオ) … 第一階層で運転
 依頼人のサイトーも参加 … 第一階層で被弾、第三階層で絶命
 ※冒頭の老人は虚無の世界のサイトー(コブが連れ戻せるか)

□ 他の配役
 コブの妻モル(マリオン・コティヤール) …
 コブ&モルのプロポーズ「一緒に歳を取ろう」
 永遠の愛を夢見て、夢と現実の区別がつかなくなっちゃったですね。
 トーテム(判別するアイテム-コマ,サイコロ,チェス)も役に立たなかった。
 ビルの窓から投身するのを止められなかったコブのトラウマとなり
 計画の端々に登場する。息子ジェームス/娘フィリッパ

 義父マイルス教授(マイケル・ケイン) … 優秀な学生アリアドネを紹介
 顧問ピーター・ブラウニング(トム・ベレンジャー) … ロバート説得の鍵を握る
 イームスの偽装という設定もあるが『山猫は眠らない』シリーズ以来、
 ご無沙汰のベレンジャー氏が登板。

シドニー~ロサンゼルス間の飛行時間を利用し作戦開始
ロバートが潜在意識を武装化していた為、当初の三階層設計が更に深い階層に落ちる。
時間の経過が階層が深くなるに連れて加変的に遅くなるのがポイント

バンのダイブで、第二階層は無重力状態,第三階層は雪崩が発生と環境が激変。

□ 親子の確執
 病床のモーリス会長「失望した」の真意は?
   金庫の遺言状 風車の写真
 父「私を真似るから」息子「父を超えられない」⇒「和解?」
 ロバート第三層で撃たれ瀕死の重傷、助けるには時間を稼ぐ為、
 更に深層に潜るしかない。コブとアリアドネが虚無の世界へ...
 ロバート、イームスのAEDで生還。コブはタイムアウトか!?

□ 印象的な場面
 ・ コブがアリアドネを架空世界に初めて取り込んだカフェテリア
 ・ 第二階層のホテルの無重力場面『ミッション:インポッシブル?』

果たして、コブは無事に帰国、息子たちに再会出来るのか...

【 レオナルド・ディカプリオ出演作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年12月27日(水)00:39:52
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
他人の心を抜き取る事が出来ると1つしかない真実が
不確実なものになってしまうですね。究極では
自分の存在すら懐疑的に生ってしまう。
強靭な自我・自制心がなければ生きて行けない。

2010/08/22 (Sun) 03:06

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
クリストファー・ノーラン監督の緻密な計算された物語は
観客をアッと言わせる奇抜な展開だが、
M.ナイト.シャマランみたいに固執したパラドックスには
はまり込んでいないようだ。

2010/08/22 (Sun) 03:12

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 夢の途中~『インセプション』
  •  INCEPTION  他人の夢に侵入し、アイデアを盗む産業スパイ・ゴブ(レオナルド・ディカプリオ)。 彼の元に、サイトーと名乗る男(渡辺...
  • 2010.08.19 (Thu) 17:06 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • インセプション(2010)◆INCEPTION
  •  犯罪現場は、お前の頭の中。 東宝シネマズ二条にて公開初日に鑑賞しました。先行上映がありましたが、1800円はきついので、一般公開まで待っていました。レオナルド・デカプリオと渡辺謙の初共演ということで話題になっていた本作。かなり難解そうな感じもしていま...
  • 2010.08.19 (Thu) 22:46 | 銅版画制作の日々