『ナイト ミュージアム2』

ナイト ミュージアム2
博物館の展示物が夜中に動き回る
前作のヒットを受け待望の続編

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Night at the Museum:
Battle of the Smithsonian
元夜警のラリー・デイリーは発明品がヒットし実業家として成功
その間、自然史博物館は改装。展示物は倉庫行きの憂き目に。

舞台はN.Y.「自然史博物館」→ワシントンD.C.「スミソニアン博物館」
場所が変われば当然登場人物もズル変えかと思ったら、
展示物の引越しという裏技を使ってくれました。

□ 自然史博物館の展示物
 ・ セオドア・ルーズヴェルト(テディ) … ロビン・ウィリアムズ
 ・ ジェデダイア(ジェド) … オーウェン・ウィルソン
 ・ オクタヴィウス/アクメンラー王/デクスター(猿)
□ スミソニアン博物館の展示物
 ・ カームンラー(エジプト王) … ハンク・アザリア
 ・ イワン雷帝/ナポレオン皇帝/アル・カポネ

 [味方]
 ・ アメリア・イアハート(女性飛行士) … エイミー・アダムス
 ・ リンカーン/考える人/アインシュタイン

ダウト』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた
エイミー・アダムスはこれからの女優さんですね。
アメリア役も良かったけど、終盤の来館者役も良かったです。

会社を売って、元の展示物を温存したラリー
新しい展示方法として夜間OPENを敢行
こうなると、やり尽くした感があり、もうPART3はないでしょうね。

『ナイト ミュージアム』シリーズ
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年11月02日(金)00:01:49
ブログパーツ

Comment 10

There are no comments yet.

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
『ジュラシックパーク』同様、PART1の衝撃を期待するのは
無理難題/セッショウと言うものですかね。

2010/09/14 (Tue) 01:42

Hiro  

>ともやさん

TB有難うございました。
今回のヒロインとなる冒険好きな女性パイロット
アメリア・イヤハート。管理人は知らなかったけど
著名な方なんでしょう...

2010/09/14 (Tue) 01:47

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
石版のパスワード-アインシュタインのΠ(パイ)の件は?でした。

2010/09/15 (Wed) 20:28

Hiro  

>たかひょ さん

TB有難うございました。
ヒロイン エイミー・アダムスはニコール・キッドマンに
似ていませんか??

2010/09/15 (Wed) 20:32

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
ナポレオンの短身コンプレックスがあれほどとは...
アル・カポネと言えば『アンタッチャブル』の
デ=ニーロのイメージが強烈です。

2010/09/15 (Wed) 20:43

Hiro  

>たおさん

TB有難うございました。
ラリーの懐中電灯さばきお見事。
只者じゃ有りません。
このシリーズ、誰もが知っている歴史的著名人が
蘇える処が見所の1つ。巨大リンカーンに拍手。

2010/09/15 (Wed) 20:49

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
>全長約11mのダイオウイカ(?イカには見えないけど)
てっきりタコかと思ってました...

2010/09/15 (Wed) 20:53

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
>大タコ、日本版の公式ホームページではなぜか
>「ダイオウイカ」と大間違いの紹介がされてしまっている
やっぱりタコでしたか(ウンウン)
モトローラ氏はここでヒントを携帯のヒントを得たのですね。

2010/09/15 (Wed) 20:59

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
「アインシュタインのお土産用の首振り人形」
オヒョイ(藤村俊二)を思い浮かべる
一体欲しい一品だ!!

2010/09/15 (Wed) 21:03

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
>舞台がニューヨークの自然史博物館から
>ワシントンのスミソニアン博物館へ
管理人は生憎、どちらも行った事が無いので
その大きさの違いを把握し辛いが、
スミソニアンは19の博物館、美術館、動物園が集まる
世界最大の博物館群で、スミソニアン協会には
1億3650万点もの文化遺産や標本が所蔵されいるとの事。

2010/09/23 (Thu) 22:57

Leave a comment

Trackback 10

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ナイトミュージアム2
  • ハムナプトラ・イン・スミソニアン 【Story】 警備員として夜のニューヨーク自然史博物館を平和に戻して以来、ビジネスも息子との関係も良...
  • 2010.09.13 (Mon) 23:53 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • ナイト ミュージアム2
  • (原題:NIGHT AT THE MUSEUM:BATTLE OF THE SMITHSONIAN) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 2006年「ナイト ミュージアム」(原題:NIGHT AT THE MUSEUM)。 次々と動き出す博物館の展示物に、翻弄される警備員の様を描いて大ヒットしたファンタジー・...
  • 2010.09.14 (Tue) 00:06 | ともやの映画大好きっ!
この記事へのトラックバック
  • ★「ナイト ミュージアム2」
  • 今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 アホアホコメディ俳優のベン・スティラーが主演して、 大ヒットを飛ばした作品の続編。 「フラットパック」な作品が世に広まるのは、ひらりん的には嬉しいけど、 だいぶお子ちゃま向けなコメ...
  • 2010.09.14 (Tue) 02:41 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • 『ナイト ミュージアム2』
  •   もっともっと動き出す!   ■ニューヨークの自然史博物館で起きた展示物たちの大騒動から数年後、元警備員のラリーは息子との絆も取り戻し多忙な日々を送っていた。一方、自然史博物館の展示物たちも“魔法の石版”の効力で毎晩自由に動き回り、優雅に過ごしている
  • 2010.09.14 (Tue) 06:56 | 唐揚げ大好き!
この記事へのトラックバック
  • 『ナイト ミュージアム2』
  • □作品オフィシャルサイト 「ナイト ミュージアム2」□監督 ショーン・レヴィ □脚本 ロバート・ベン・ガラント、トーマス・レノン □キャスト ベン・スティラー、エイミー・アダムス、オーウェン・ウィルソン、ロビン・ウィリアムズ、クリストファー・ゲスト、ハン
  • 2010.09.14 (Tue) 08:05 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • ナイト ミュージアム2 (Night At The Museum: Battle Of The Smithsonian)
  • 監督 ショーン・レヴィ 主演 ベン・スティラー 2009年 アメリカ映画 105分 コメディ 採点★★★ 絵画や写真についてこれといって知識があるわけでも、特別な興味があるわけでもないんですが、見ている分にはそれなりに幸せな時間を過ごすことが出来る私です。とは…
  • 2010.09.14 (Tue) 14:13 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  • 『ナイト ミュージアム2』
  • (原題:Night at the Museum : Battle of the Smithsonian) ----この映画、同時期に公開された『ターミネーター4』を上回って ボックスオフィスの第一位を獲得したんだって? 「うん。失礼ながら こんなお子様映画がなぜ?と思ったけど、観てみて納得。 前作『ナイト
  • 2010.09.14 (Tue) 22:06 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • ナイトミュージアム2・・・・・評価額1500円
  • 夜になると、博物館の展示物が皆命を持って動き出す! 子供の頃に誰もが一度は夢想したであろう、ファンタスティックな設定で大ヒットした、...
  • 2010.09.14 (Tue) 22:33 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • ナイトミュージアム2☆★
  • NIGHT AT THE MUSEUM: BATTLE OF THE SMITHSONIAN 8月13日、夕方「ナイトミュージアム2」を鑑賞してきました。前作から2年が経ちましたね。主演は前作と同じく、ベン・スティラー が続投です。ベン演じるラリーが何と警備員から出世して自分の会社を立ち上げていま
  • 2010.09.15 (Wed) 09:13 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • 09-237「ナイトミュージアム2」(アメリカ)
  • スミソニアン戦争だ!  ニューヨークの自然史博物館で起きた展示物たちの大騒動から数年後、元警備員のラリーは息子との絆も取り戻し多忙な日々を送っていた。一方、自然史博物館の展示物たちも“魔法の石版”の効力で毎晩自由に動き回り、優雅に過ごしている。  そん...
  • 2010.09.23 (Thu) 22:34 | CINECHANの映画感想