cinema-days 映画な日々

『アバンチュールはパリで』

2010/10/15
ホン・サンス
アバンチュールはパリで
麻薬使用が警察にバレ、パリに
逃げて来た主人公の2ケ月間の滞在記

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Night and Day

【スポンサーリンク】
2007年初夏8/8-10/12 パリの民宿(10人部屋)に滞在

主人公ソンナム(キム・ヨンホ) … 雲を題材とする画家
彼は無事、ソウルの奥さんソンイン(ファン・スジョン)の元に戻れるのでしょうか...

現地で出会う女性たち
□ ミンソン(キム・ユジン) … 10年前の恋人
    のちに転落死 夫フランス人民俗学者

ソ・ミンジョン□ ヒョンジュ(ソ・ミンジョン) … 民宿主人の紹介
    オルセー美術館クールベ展示室へ同行
    管理人的にはユジョンより彼女の方がオススメ

もう一人注目は画家夫人(ラ・ジョンウォン)
    旦那の話の最中も眠そうにしていたのが印象的

□ ユジョン(パク・ウネ) … ホザールに通う留学生
    ヒョンジュのルームメイト
    妻帯者とは付き合わないと言いつつも...
    ドケチで、後輩ジヘの絵を盗用退学

□ ジヘ(チョン・ジヘ) … ホザールに通う留学生
    双頭牛の絵をユジョン先輩に盗用される
    何故か、帰国後のソンナムの夢の中にも登場

物語は日毎にちょっとした文化の違いを折り込みつつ日記風に進行。
只、2時間24分の長尺。ここまでは必要が無かったように思う。

ユジョン役のパク・ウネはホン・サンス監督が制作費の調達に
苦心している事を知りノーギャラでの出演を申し出たそうです

オルセー美術館での撮影はフランスを中心としたヨーロッパで絶大な支持を受け
“韓国のゴダール”、“エリック・ロメールの従弟”と評される
ホン・サンス監督だから許可されたのだとか。

 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook