cinema-days 映画な日々

『サヨナライツカ』

2010/11/26
中山美穂 西島秀俊
サヨナライツカ [DVD]
サヨナライツカ
航空会社の青年が結婚を目前に
出張先のバンコクで運命的な出会いをする...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:辻仁成

【スポンサーリンク】
原作者の妻・中山美穂がこれまでの清純なイメージと真逆に
ホテルのスイートを定宿とする妖艶で自由奔放な女性を演じる。

航空会社の”好青年”役の西島秀俊のシェイプアップ
されたされた体型は意外だった。
婚約者に石田ゆり子、愛人に中山美穂と両手に華。

沓子の事で東垣内豊と同僚の木下恒久が殴り合いの喧嘩
イ・ジェハン監督はアクションの演出は下手ですね。

只、一変に25年も飛んで、東垣内豊と真中沓子が再会
恋の炎は消えずにいた(焼けぽっくりに火が点いた)展開はどうか

尋末光子との息子、バンド活動に走る長男と断絶,
次男は両親の期待に応え成績優秀...

トップに上り詰めた東垣内豊が社長職をほっぽり出した時には
とき既に遅し!!病魔が真中沓子を襲っていた...

真中沓子役中山美穂

《 PickupWord 》
「人は死ぬ時、愛された事を思い出すのか、愛した事を思い出すのか」
 愛された事 … 沓子
 愛した事 … 光子
「君の汗の匂いが好き」
「人生は待つ事の連続だ」
「怠惰は伝染する」
「成功するには、長い時間と努力が必要だが、堕ちるのは一瞬」
「賢い男は道には迷わないもんだ!!」

メキシコの諺
「若者は夢を見て、老人は回想する」
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[サ行]

コメント歓迎!! 7

まだ、コメントはございません。

Hiro

>kimionさん

TB有難うございました。
中山美穂の12年ぶりの主演映画。もっと違った作品で見たかった。
韓国映画だが、敢えて邦画のカテゴリに入れてしまった。
印象に残ったのは、豊がサングラスをかけ、沓子を乗せ
クラッシックカーを疾走させるシーン。
S・マックイーンとF・ダナウェイの『華麗なる賭け』風でした。

2010/11/28 (Sun) 12:51

Hiro

>BCさん

TB有難うございました。
>製作会社は韓国ではあるけど、出演者は全て日本人だから
行定勲版を見てみたかった。
かなり違った作品になっていたように思われる...

2010/11/28 (Sun) 17:44

Hiro

>cyazさん

TB有難うございました。
ちょっと『私の頭の中の消しゴム』と同じ監督の作品とは
思えない出来栄えでした。

2010/11/29 (Mon) 06:54

Hiro

>chikatさん

TB有難うございました。
バンコクを舞台にした事で異国情緒と同時に
情熱的な雰囲気が活かせていました。

2010/12/05 (Sun) 02:04

Hiro

>CINECHANさん

TB有難うございました。
豊・光子・沓子三人だけの濃厚な官能小説的な作品に
仕上げた方が良かった気がする。

2010/12/19 (Sun) 23:52

まりぼう

『サヨナライツカ』へのコメント

自由奔放だった沓子が25年間も操を守ったのか?信じられないけど、それほどの運命の恋をしたということなので、短くても幸せな人生だったかも。
結婚前の光子が、沓子に「いなくなって。」と告げるシーン、こんな勇気・根性というのでしょうか、私にはなかったな・・・と。
実は・・・。10年前に、夫に愛人ができて、妻だった私は身を引き、娘を連れて離婚したんですう。
自分に自信がなかったから。ニューヨークへ旅立った沓子の切なさ、あのときの私の気持ちに近いなあと思いました。
立場は真逆だけど。
ラブシーン、もう少し沓子の奔放さを出すように頑張ってもらいたかったなあ、と、深みが感じられなかった。

2011/01/04 (Tue) 06:24

Hiro

>まりぼうさん

CM有難うございました。
年齢によって考え方は違うでしょうけど、
愛が冷めても、だらだら一緒にい続けるより、
きっぱり分かれた方が、双方の残りの人生からすると
正解のように思う今日この頃です。

2011/01/04 (Tue) 12:55

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆

愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブ...

2010/11/28 (Sun) 04:57 by サーカスな日々
○『サヨナライツカ』○ ※映画と原作のネタバレ有

2009年:韓国映画、イ・ジェハン監督、辻仁成原作、中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー出演。

2010/11/28 (Sun) 16:40 by ~青いそよ風が吹く街角~
『サヨナライツカ』

  □作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ  □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満...

2010/11/28 (Sun) 18:52 by 京の昼寝~♪
「サヨナライツカ」

「サヨナライツカ」ユナイテッドンネマ豊洲で観賞 中山美穂がTVに出まくって力の入ったプロモーション活動をしていたので、気にはなっていましたが、見に行くかどうかは迷っていました。 ただ、イ・ジェハン監督作品ということで「私の頭の中の消しゴム」主演をしたウ...

2010/12/04 (Sat) 09:30 by てんびんthe LIFE
10-28「サヨナライツカ」(韓国)

孤独は唯一裏切らない友  1975年、バンコク。高級ホテルのスイートルームに暮らし、お金に不自由することなく、欲望のままに奔放に生きる女性、沓子。  ある日、バンコクに赴任してきた若きエリートビジネスマンの豊と出会う。結婚を目前に控え、日本に貞淑な婚約者・...

2010/12/19 (Sun) 13:00 by CINECHANが観た映画について
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook