『ジュリー&ジュリア』

ジュリー&ジュリア
料理研究家の50年前の仏料理本から
524レシピを365日で再現するOLの物語。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Julie & Julia
現代のOLジュリー役は『ナイトミュージアム2』のエイミー・アダムス。
9・11後の市民相談係。そういった仕事もあるんですね。
ちょっとニコール・キッドマンに似ている。
旦那のエリック役はクリス・メッシーナ。
マシュー・ブロデリックを濃くした顔立ち(笑)

苦難の末『王道のフランス料理』を出版に漕ぎ着けるジュリア役は
アカデミーノミネート最多常連メリル・ストリープ。
第2次大戦後の外交官の妻役でパリ、マルセイユと
転々としながらも出版を諦めず、名著を残す。
旦那ポール役はいつも惚けた役が憎めないスタンリー・トゥッチ
チャイルズ夫妻は共に90歳超えの長寿を全うした。

ボナペティ(Bon Appetit)
※フランス語で「いただきます」「召し上がれ」の意
「私がパンなら、あなたはバター。私の命よ」

ジュリーがその奮闘ぶりをブログで紹介。
序々に読者を呼び話題となっていくのが如何にも現代的でした。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月17日(金)22:16:47
ブログパーツ

Comment 6

There are no comments yet.

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
仏料理で。しかも524ものレシピ、凄くないですか。。。

2010/12/18 (Sat) 00:27

Hiro  

>BCさん

TB有難うございました。
ジュリーのレシピ挑戦記をジュリアが不快に思っているのが
逆に意外でした。売名行為と捉えたから?

2010/12/18 (Sat) 00:34

Hiro  

>テクテクさん

TB有難うございました。
ジュリーはレシピの達成・ブログの完遂で
ものごとに対する見方が変わったのでは。
きっとその後は別のブログを立ち上げたに
違いないと管理人は思っています。

2010/12/18 (Sat) 00:40

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
内助の功ならぬ夫の理解がなければ
成り立たない偉業でした。

2010/12/18 (Sat) 00:44

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
タイトルからジュリーとジュリアの友情物語かと
思っていたら、50年もの時空の隔たりのある
ストーリーだったのが予想外でした。

2010/12/18 (Sat) 01:35

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
女性の活躍の裏には旦那の計りし得ない協力があったのです。

2010/12/18 (Sat) 23:18

Leave a comment

Trackback 6

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ボナペティ!~『ジュリー&ジュリア』
  •  JULIE & JULIA  1949年、アメリカ人主婦ジュリア・チャイルド(メリル・ストリープ)は外交官 の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転勤に伴い、パリに移住する。食べること が大好きな彼女...
  • 2010.12.17 (Fri) 20:01 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • ジュリー&ジュリア
  • 1949年、ジュリア(メリル・ストリープ)は外交官の夫ポール(スタンリー・トゥッチ)の転勤でパリにやって来た。 食べることが大好きなジュリアは、フランス料理のレシピ本執筆に情熱を注いでいく。 現代...
  • 2010.12.18 (Sat) 00:36 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • ★「ジュリー&ジュリア」
  • 今週の平日休みも爆睡し過ぎで、一本のみの鑑賞。 最近活躍が目立つ新旧!女優、 メリル・ストリープとエイミー・アダムスの共演作。
  • 2010.12.18 (Sat) 04:00 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★