『空気人形』

空気人形
ある朝心を持つようになったラブドールは
街に出て、ビデオショップで働くようになる...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:業田良家 『ゴーダ哲学堂 空気人形
    『自虐の詩』も同人の作品
韓国の個性は女優ペ・ドゥナが空気人形を演じ、
第33回日本アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

管理人はてっきり、持ち主のファミレスウエイター秀雄(板尾創路)と
ラブドールのぞみのお話かと思ったら、
空気人形とレンタルビデオショップ「シネマサーカス」店員
純一(ARATA)とのプラトニックな擬似愛が中心でした。

登場人物皆が不完全というか、捩れたキャラでした。
人形に慰みを求めるファミレスの堕ちこぼれ秀雄
恋人を失くした映画に詳しい店員純一
卵掛けご飯に執着する店長(岩松了)
ベンチで街を達観する老人(高橋昌也=伊藤博文そっくり)
交番を常連とする未亡人(富司純子)
歳を過剰に気にする受付嬢(余貴美子)
ゴミ部屋の過食症女(星野真理) etc

マシなのは、不正警官ものを借りる駐在さん(寺島進)
人形の製作者(オダギリジョー)くらいか

空気人形と純一の交歓場面が切ない。
人は心がなければゴミでしかない...
過食女が窓から見るゴミ集荷場に横たわる空気人形は
掃き溜めの中にあっても実に綺麗だった。
 ペ・ドュナ
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年04月03日(火)20:38:30
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
異国の地でこの難役を成し遂げたペ・ドゥナに拍手!!

2010/12/20 (Mon) 00:13

Hiro  

>ルナさん

TB有難うございました。
管理人は捉えようのない是枝裕和監督作品が苦手ですが、
今作品はまだ判り易い!?です。

2010/12/20 (Mon) 00:17

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
ペ・ドュナに似せて人形を作ったのか、ドュナ自体が
人形顔なのか、冒頭の変異していく様が作品の
キーポイントだが上手い。
ある日、突然、人形が心を持つ。その理由は定かではない。
既に起こった事はどうしようもないのだら...
悲観的にならず、あくまでも前向きなのぞみに拍手!

2010/12/20 (Mon) 00:26

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
『リンダリンダリンダ』も良いが、こういった作品を見ると
改めて、ペ・ドゥナの演技力に驚く!!

2010/12/21 (Tue) 00:16

Leave a comment

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 空気人形
  • 『誰も知らない』、『歩いても歩いても』の是枝裕和監督が業原良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナ。共演に『ウルトラミラクルラブストーリー』のARATA、『ラッシュライフ』の板尾創路、オダギリジ
  • 2010.12.18 (Sat) 23:30 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • 空気人形
  • ファンタジーなんだけど、 思った以上に重い。 そして、いろんな意味で グロかったです。 心をもってしまった人形に 心に何らかの闇を抱えた 人間がひきつけられていく。 そして、人形は言う 心を持つと切ないと・・・。 古いアパートで秀雄(板尾創路)と暮ら...
  • 2010.12.19 (Sun) 00:08 | ルナのシネマ缶
この記事へのトラックバック
  • 空気人形・・・・・評価額1700円
  • 「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているのが、是枝裕和監督である。 デビュー作となった「幻の光」から前作...
  • 2010.12.19 (Sun) 20:36 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • 透明な影~『空気人形』
  •  クリスマス間近の東京。ファミレスで働く独り暮らしの秀雄(板尾創路)は、性欲 処理用のラブドール(ペ・ドゥナ)に「のぞみ」と名付けていた。ある朝、のぞみに 心が宿り、彼女は街に出てゆく・・・。...
  • 2010.12.20 (Mon) 19:43 | 真紅のthinkingdays