『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
移民に同情的な捜査官の心情と周辺の出来事を
平行して描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Crossing Over
正直、ハリソン・フォード主演の映画として認知していなかった作品でした。
ロサンゼルスのI.C.E.(移民税関捜査局)の捜査官役で、
移民の市民権獲得に対する執着を描きます。

捜査官マックス・ローガン
  捜査過程で子供を自宅に届けたミレヤ・サンチェス(アリシー・ブラガ)の
  行方を追う。結局、国境で死体で発見される。
同僚 ハミード・バラエリ(クリフ・カーティス)
  放蕩な妹ザーラ(メロディ・カザエ)が勤め先のコピー屋店長と
  他殺死体で見付かる。結局、身内の犯行だった。
オーストラリア移民クレア・シェパード(アリス・イヴ)
  グリーンカード獲得の為、2ケ月間、判定官コール・フランケル(レイ・リオッタ)に
  体を提供する。結局、コピー屋に身分証の偽造を依頼していた事がバレ、強制送還。
歌で世渡りするギャヴィン・コセフ(ジム・スタージェス)
  ユダヤ人学校に潜り込み、俄仕立ての暗記で帰化審査をパス
  要領の良いランキーマン
学校で自分の意見を貫き通し、収監されるタズリマ・ジャハンギル(サマー・ビシル)
  9.11実行犯に同調的でFBIから取り調べを受ける。
  結局、両親が判れ、母と出国。弟妹は父と残り、家族離散。
施設の里親探しに奔走する弁護士デニス(アシュレイ・ジャッド)
  コールの妻。クレアの件で不正を行った容疑で連行されるコールに唖然。
アジア移民ヨン・キム(ジャスティン・チョン)
  不良仲間にコンビニ強盗に誘われ、たまたま来店していたハミードと遭遇。
  ハミードの計らいで独り助かり、無事、市民権を獲得する。

登場人物が微妙に交錯する。
ハリソン・フォード,レイ・リオッタ,アシュレイ・ジャッドと豪華共演だが、
他の出演者は知らない。
クレア役のアリス・イヴは文字通り、体当たり演技で頑張っている。

その中で注目はタズリマを取り調べたファドカール捜査官役の
ジャクリーン・オブラドース。アシュレイ・ジャッドとの対決でも退かない。
ブルドッグ』ではヴィン・ディーゼル、『アウト・オブ・タイム』では
ウェズリー・スナイプスと共演している。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月03日(日)03:56:37
ブログパーツ

Comment 6

There are no comments yet.

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
日本では想像出来ないほど、不法滞在・不法就労が
日常化しているんですね。

2010/12/23 (Thu) 00:07

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
現実は厳しい。正義も一つと言い切れない...

2010/12/23 (Thu) 00:11

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
アンディ・マクダウェルとジェラール・ドパルデューが
グリーン・カードを獲得するために偽装結婚するラブコメ
なんかもありましたね。
偽装結婚では中井貴一主演の『ラブレター』なんかも...

2010/12/23 (Thu) 23:35

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
群像劇ではあるが、レイ・リオッタとアシュレイ・ジャッド
夫妻の関係をもっと丁寧に描けば、最後のオチが更に効いたと思う。

2010/12/26 (Sun) 21:25

Hiro  

>せつらさん

TB有難うございました。
市民権獲得の群像劇でしたが、タズリマのエピソードが
やはり一番インパクトがありましたね。

2010/12/30 (Thu) 22:20

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
中々、島国日本。単一民族国家故、身近に触れる事が
殆どないケースで、認識に隔たりを感じました。

2011/01/04 (Tue) 13:01

Leave a comment

Trackback 6

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
  • ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を...
  • 2010.12.22 (Wed) 15:34 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
  • グリーンカードを巡って 【Story】 ロサンゼルスの移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが任務だが彼らに同情的だ。そんなある日、同僚の妹が殺され、...
  • 2010.12.22 (Wed) 23:04 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円
  • 「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタメ映画だと思って気楽に構えていたら、これはなかなかどうして骨...
  • 2010.12.23 (Thu) 22:36 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
  • LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。 縫製工場で逮捕し強制送還されたミレアという女性から頼まれた息子をメキ...
  • 2010.12.25 (Sat) 18:19 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』
  • JUGEMテーマ:映画 制作年:2008年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:118分  原題:CROSSING OVER  配給:ショーゲート  監督:ウェイン・クレイマー  主演:ハリソン・フォード      レイ・リオッタ      アシュレイ・
  • 2010.12.30 (Thu) 10:36 | La.La.La
この記事へのトラックバック
  • 09-281「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(アメリカ)
  • 開かれた国、アメリカ  ロサンジェルスでICEの捜査官として働くマックスは、密入国や不法就労者の取り締りに当たりながらも彼らにしばしば同情的で、同僚からも呆れられるほど誠実な男。  そんなある日、メキシコ人女性ミレヤが不法就労者の一斉摘発で捕まり、アメリ
  • 2011.01.04 (Tue) 11:56 | CINECHANが観た映画について