『トロン:レガシー』

トロン:レガシー
20年ぶりに父のオフィスに呼び出された主人公は、
コンピューター世界「グリッド」に入り込む...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原題:Tron: Legacy(レガシー=遺産)
世界初の本格的CG映画である前作『トロン』から28年ぶりの続編。
物語の発端は...
ソフトウェアメーカー・エンコム社のソフト開発者ケヴィン・フリンが
失踪して20年経ち、相談役として残るアラン・ブラッドリーのポケベル!!が鳴る。
アランはケヴィンの息子サムの後見人的な役割を果たしていた。
サムが父の残したゲームセンター「Flynn’S」に行くとゲーム機の裏に隠されたオフィスがあった。
レーザーコントロールでポータルをワープ、そこはバーチャルな世界「グリッド」への入り口だった...

ケヴィン役ジェフ・ブリッジス/アラン役ブルース・ボックスライトナー
二人は前編から同役を引き継いでいる。
グリッドを支配するクルーはジェフ・ブリッジスの二役で
特殊技術で20年前の顔を再現している。
管理人オススメの名作『スターマン』(’84)時代を垣間見る。
彼の新作はジョン・ウェイン主演の西部劇『勇気ある追跡』の
リメイク『トゥルー・グリット』で、これまた期待の1作だ。

グリッドに放り込まれたサムはうんもすもなく、
死のモーターゲームに参加させられる(3D映像の見せ場だ)
ローラーボール』+『スピード・レーサー MACH5』って感じかな。

そこで現れるのが救世主クオラ(オリヴィア・ワイルド)だ。
彼女は「アイソー」デジタル世界に生まれた突然変異生命体
負傷しても自力再生する能力を持つ。

外界の未来も彼女に託されたぁ~
『20世紀少年』のカンナみたいな存在か
彼女の新作がまた凄い!
カウボーイズ&エイリアンズ
ハリソン・フォード ダニエル・クレイグとの共演だ!!

ポータルの開口時間は8時間
果たして、ケヴィン・サム・クオラの三人は、クルー・リンズラー(2枚ディスクの強敵)の追撃
キャスター(クラブオーナー)=ズースの奸計を掻い潜って無事脱出出来るのか...

ドゥカティを乗り回す息子サム役はギャレット・ヘドランド いま一つパッとしないような。
シャイア・ラブーフあたりがしっくりきそう...
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年03月03日(火)01:48:56
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
『海猿』に続く、2回目の3D映画鑑賞。
3D技術がグリッドの世界で上手く活かされていました。

2010/12/28 (Tue) 21:43

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
モーターゲーム場面の映像は斬新でしたが、
誰が誰やら判り辛かったですね。

2010/12/29 (Wed) 21:49

Hiro  

>風子さん

TB有難うございました。
3Dも見所でしたが、ラストの父が自分の分身は自分で決着を付け、
息子たちに未来を託す場面が良かったですね。

2010/12/30 (Thu) 21:20

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • トロン:レガシー
  • 1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている『トロン』の続編。20年前に失踪した父の後を追い、電脳世界へと入り込んだ息子サムが、父と協力してプログラムたちと戦う姿を描き出したSFムービーだ。前作同様ジェフ・...
  • 2010.12.28 (Tue) 16:05 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • トロン:レガシー・・・・・評価額1500円
  • 1982年に公開されたSF映画史のエポック、「トロン」の完全な続編。 20年前に失踪した前作の主人公、ケヴィン・フリンを追って、息子のサムが電脳世界へと入り込む。 いかにも80年代的なオリジナルの世界観を...
  • 2010.12.29 (Wed) 00:30 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • トロン:レガシー ジャパン・プレミア試写会
  • 期待しないで見てね公式サイト http://www.disney.co.jp/tron12月17日公開世界で初めてCGを使用したSF映画「トロン」(1982)の続編デジタル業界のカリスマとして名をはせ
  • 2010.12.30 (Thu) 10:38 | 風に吹かれて