『ダレン・シャン』

ダレン・シャン
毒グモ”オクタ”に噛まれた親友スティーブを
助ける為、半バンパイアとなった少年の物語

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Cirque du Freak: The Vampire's Assistant
ファンタジー小説『ダレン・シャン』シリーズの映画化
原作シリーズは全12巻もあり、ヒットすれば当然、映画もシリーズ化する筈が大コケ。
シルク・ドゥ・ソレイユ』ならぬ異形サーカス団「シルク・ド・フリーク」の
団長トール役で我らが世界に誇る俳優 渡辺謙も出演している(やたら額が広い)

バンパイヤ VS バンパニーズ

ダレン・シャンの師匠ラーテン・クレプスリー役にジョン・C・ライリー
クレプスリーの既知でバンパイア将軍ガブナー・パール役にウィレム・デフォー
シルク・ド・フリークの団員でマダム・トラスカ役にサルマ・ハエックが扮し
髭面を披露している。豪華な面子を揃えているのだがアンサンブルが出来ていない。

そんな中...
リムジンの男タイニー(マイケル・セルベリス)の配下
マーロック役のレイ・スティーヴンソンに注目
ちょっとアントニオ・バンデラス風で今後の動向に要チェック。

スパイダーマン・カラーのマダム・オクタはご愛嬌でした(笑)
シリーズ再開の可能性があるとしたら、今後の課題はユーモアや明るさでしょう...
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年04月27日(金)00:33:21
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment