『ノーボーイズ,ノークライ』

ノーボーイズ、ノークライ
韓国プサン港と日本の山口の間を夜な夜なボートで密輸し稼いでいる男と
彼を罠にハメ、大金をせしめようとする青年

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Boat No Boys,No Cry
家族に恵まれない青年二人を描いた日韓合作映画。
主演の妻夫木聡はセリフの大半が韓国語でした。

ストリップ劇場のダンサーだった母が弟と逃げ
置き去りになった韓国の青年ヒョング役ハ・ジョンウ
彼を拾って密輸の片棒を担がせている養父ボジョン

彼の息子隆司役に柄本佑 その嫁役に徳永えり
彼女の兄亨(トオル)役が妻夫木聡
彼はボケた祖母、ヤリマンの妹、
(ヒョングだけじゃく、薬局のオヤジの相手もさせられる。)
徳永えりが好演
幼い子供たち3人を抱え(一人は病弱)お金を必要としていた。
困窮が原因でドラッグストアに勤める彼女(貫地谷しほり)とも
縁切れになっている。

ある日、ヒョングはいつものキムチ瓶とは異なり、
シートで巻かれた女性の運搬を頼まれるが、
案内されたビルの空き室を急襲され間一髪逃げ延びる。
荷の女性はボジョンの金を持ち逃げした男の娘チス(チャ・スヨン)
彼女から父親探しを頼まれた二人は
家族愛を知らずに育った境遇からか次第に心を通わせていった。



カラオケ大会に飛び入り参加し、二人で 『アジアの純真』 を熱唱
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月24日(金)02:36:08
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
ラストのマーメイドは母ならぬ、亨の妹かと思いましたが、
亨本人でした。ヒョングの蘇生もありかなと思いましたが、
やはり、この終わり方がこの作品全体の持ち味を象徴しています。

2011/02/12 (Sat) 23:53

Leave a comment