cinema-days 映画な日々

『ハート・ロッカー』

2011/03/01
ジェレミー・レナー
ハート・ロッカー
2004年、イラク・バクダッドに駐屯する爆弾処理班の
任務明けまでの緊迫した日々を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Hurt Locker(米隠語「苦痛の極限地帯」の意)

【スポンサーリンク】
殉職した前任者に代わり、やって来たジェームズ軍曹(ジェレミー・レナー)は
リーサル・ウェポン』のリッグス刑事のような危険を顧みない命知らずの無鉄砲野郎だった。

「現場に出れば、生きるか死ぬか、サイコロを振り、あとは判らない」
「歳を取ると、好きだったものも、それほど特別じゃなくなる」


でも、妻子はいるのだが、日常生活に満足出来ず、再び戦地に向うのだった...

演じるジェレミー・レナーは『ザ・タウン』でキレやすい現金護送車強盗犯を好演
第83回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ハ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ハ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook