『渇き』

渇き
神父が死のウイルスの実験台となり、
ヴァンパイアとして蘇える...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Thirst
ヴァンパイア映画とは知らんかったぁ。
”渇き”とはウイルス発症を抑える為、血を欲する事だったのだ。

神父が輸血でヴァンパイアとして復活。信者からは崇められるが、
裏では、自殺志願者や寝たきり病人から血を抜き取って永らえていたのだ。
演ずるはソン・ガンホ。今作品の為に10kg減量したそうな!?
この俳優さんはたまに『グエムル-漢江の怪物』といった
所謂”ゲテもの”映画に出演なされますね。

神父が出会う幼馴染みの妻テジュ役は、撮影当時、若干23歳のキム・オクビン
ガンホとの体当たり演技もさる事ながら、ヴァンパイアとして”一人立ち”
してからの荒行には、顔付きまで変わって、あら恐ろしや。
彼女に糸切りハサミを持たせたら危険です。(笑)

吸血鬼となった二人の末路は...神父ガンホが選んだ儚い結末。
360度民家もない断崖 車のキーもイグニッションから折り
動かせない状態にして朝陽を待つばかり...
焼け焦げる顔、灰と化した二人の足首だけが映る
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月15日(木)13:12:39
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment