『SP 革命篇』

SP 革命篇
尾形の大儀が実行に移される。
国会議事堂衆議院占拠 「寝ぼけた国民の目を覚醒させる」

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

SP THE MOTION PICTURE
野望篇』に続く後編
東大政治サークル「雄翔会」出身官僚の計画
閣僚の不正を暴露し吊るし上げ
最期に麻田首相(山本圭)の20年前の悪行を追求する。

次期首相の座を狙う与党幹事長伊達國雄は暴力による革命を否定するが、
演ずる香川照之は『外交官 黒田康作』では、薬害被害者らの為に
殺人を犯す霜村毅役を演じており、ややこやしい...
「破壊するより支配する方がもっと楽しい」

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『SP 革命篇』 人物相関図

井上薫の格闘シーンは迫力満点
 VS 公安の田中(野間口徹)を缶ジュースで殴打し
    半殺しにしたテロリスト(丸山智己)
 VS 尾形係長(堤真一)
007シリーズ中でもよく取り上げられる『ロシアより愛をこめて』の
ショーン・コネリー VS ロバート・ショー の格闘に匹敵!?

舞台となる国会議事堂の廊下に見立てられたのは名古屋市役所
国会議事堂内という設定で、市庁舎1階の廊下などを利用し、
議事堂を制圧したテロリストと岡田さんらが扮するSPの
攻防シーンが H22.2/20 から2日間撮影された。

《 尾形名セリフ 》
「俺は大儀の為に死ねればそれでいい」
「お前に俺を撃てるか、お前に俺を殺せるか?」
「全く期待ハズレだなお前は」「だが、お前は正しい」

《 室伏係長(春田純一)名セリフ 》
「いつから日本はこんな物騒な国になったんだ」
「全く面倒くさいなぁ~」
左は紅一点笹本SP(真木よう子)
机上のシューティングポーズがキマッタ!!

『野望篇』の謎は大体解けた...
 □ 春田純一係長率いる公安の動き → 雄翔会をマーク
 □ SPの新班の動き → 尾形の指揮下
 □ 尾形の真意が気になりますね。 → 父親(成瀬ひでお)の仇討ち
 □ 意外に麻田大臣にも裏 → 政権維持の為、事件を偽装

新たな謎
  収容された尾形に看守(柄本佑)「もうすぐだからな」
  尾形の書いた井上薫宛の手紙の内容
  梶山理事官(伊達暁)の男子トイレでの首吊り
  雄翔会のアジトを爆破し逃走する車



本当に「The Final Episode」?
更なる巨悪の存在を許したままのエンディング(再見:2019.8.12)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月12日(月)21:52:30
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

cow  

『SP 革命篇』へのコメント

更に続編がありそう...

2011/03/19 (Sat) 18:34

Leave a comment