『ランダウン』

ランダウン
ザ・ロックが回収屋ベックを演じ、
ショーン・ウィリアム・スコットと凸凹コンビ振りを披露。

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Rundown
金鉱を牛耳るクリストファー・ウォーケンの怪演は
いつもながら、アッパレであるが、
ザ・ロックのボスを演じたウィリアム・ラッキングが中々良い。
冒頭、アーノルド・シュワルツェネッガーがカメオ出演している。

この作品、全米では可なり、ヒットしたようだが日本ではパッとしない。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年02月12日(水)04:12:20
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment