『新しい人生のはじめかた』

新しい人生のはじめかた
娘の結婚式に参列する為にロンドンにやって来たCM作曲家と
人生を諦めて楽に生きる事を選んだ女性との交流...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Last Chance Harvey
小柄なダスティン・ホフマン(身長165cm 1937年8月8日生まれ)とガタイのでかい
エマ・トンプソン(身長174cm 1959年4月15日生まれ)が熟年カップルを演じる。
年齢差22歳 身長差9cm 果たしてこの差を埋める事が出来るのか(笑)

今が幸せのラストチャンス
離婚した妻は再婚し、妻と再婚相手(義父)の元で育った実娘がロンドンで結婚
ハーヴェイは仕事をホッぽってN.Y.から駆け付けるが、ホテル一人蚊帳の外。
バージンロードの同伴権も無く、式を早々に切り上げ空港に向うが
渋滞で帰りの便に乗り遅れ、挙句に仕事もクライアントからのN.G.で失職。

自棄酒を呷る店で空港でアンケートを取る統計局の女性ケイトと再会
友人がお膳立てしてくれたお見合いも上手く行かずクサっていた彼女
アンラッキーな二人は最初は反発し合っていたが次第に意気投合

小説の執筆講座に参加する彼女は列車に
明日朝の便に乗る彼は近くのホテルに...行く筈だったが
折角の出会いをそのまま別れるのを惜しむように彼が彼女を追っ駆ける
ここで管理人は、「普通なら、彼女はひいてしまうだろう」と思うのだが、
熟年おじさんの枯れたバイタリティーに目を瞑る。

講座の1時間を外で待ち、戸外を散歩
そして二人は娘の披露宴に参加するほどの友人となる!!

家族と何とか打ち解けたハーヴェイを見守るケイト
ここにも自分の居場所はないと、一人その場を去ろうとするが...
それに気付いた彼が得意のピアノで引き止める。
そしてダンスタイムの後、翌日正午、噴水広場での再会を約す。

が、またまた、彼に災難が襲う。
ホテルのエレベーターが故障し、階段で上がる途中、不整脈でダウン
入院する破目に。約束の時間に行く事が出来ず、
すっぽかされた彼女は、彼の電話も無視。
「諦めて生きる方が楽なの」
キャンセルされた仕事の復帰話が舞い込み、運気が向いて来た彼だが
「今が幸せのラストチャンス」と仕事より彼女、N.Y.よりロンドンを選ぶ

誰にも人生に一度くらいは、こういう時がありますよね。
今がその時と気付いて突っ走れるって事は十分若い証拠です。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月21日(火)23:03:17
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>風子さん

TB有難うございました。
二人の待ち合わせ場所となった噴水がある広場が印象的でしたね。
バックの建物が重厚でした。

2011/04/11 (Mon) 23:59

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
「ダスティン・ホフマンは73歳」
『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』(大塚博堂 1976年)
歌のタイトルに名前が使われるなんて凄いですよね。

2011/04/18 (Mon) 22:54

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 新しい人生のはじめかた
  • 諦めるには まだ早い公式サイト http://hajimekata.jp離婚後ニューヨークで一人暮らしのCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、ロンドンで働く一人娘スーザン(リアン・バラバン)
  • 2011.04.11 (Mon) 23:31 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  • 新しい人生のはじめかた
  • ニューヨークのCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後別居していた娘(リアン・バラバン)の結婚式に出席するためロンドンへと向かう。 仕事から気は離れず落ち着かない上、娘には義理の父...
  • 2011.04.18 (Mon) 01:29 | 心のままに映画の風景