アラン・ドロン 心疾患

仏俳優アラン・ドロン(69)は7日までに
「軽い心臓の血管障害」を患っているとして、
11日から予定していた演劇出演をキャンセルした。
来日
[追記](2019.08.09.)
アラン・ドロン(83)が、6月中旬、脳卒中で「軽度」の脳出血を起こし、
パリの病院で手術を受け、3週間入院。集中治療を受けた後、
現在はスイスの医療施設で静養中。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月10日(土)01:10:13
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment