『運命のボタン』

運命のボタン
ボタンを押せば、100万ドル
但し、見知らぬ誰かが死にます...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Box
他者の利益の為、己の欲望を犠牲に出来ないなら、
君たちに生き残る資格はない。


ボタンを押すだけで、自分と無関係な人が死ぬけど
1億近い1億円以上のお金が頂けるなんて...怪しむけど
主人公みたいに疑心暗鬼に押しちゃうのが大半でしょうね。

でも、よく考えてみると自分がターゲットにされる場合もある訳で、
リング』のビデオテープみたいに不幸の連鎖が起きるんですねぇ。

ボタンを押すと(中身は空っぽなんです)
1.何処かで知らない誰かが死にます
2.あなたは無税で現金100万ドルを手にします

支払いに対する制約
1.雇い主の情報を提供する事は出来ない
2.この事を夫以外の誰にも話してはいけない
3.猶予は24時間

届出人のアーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)は落雷で
顔の一部が削げ、不気味な上、他人の前頭葉を支配誘導出来る能力を持つ

この世は煉獄
この試みに勝つ方法はボタンを押さない事しかない!!

究極の選択
息子が2つの感覚を失う … 目が見えない、耳が聞こえない
1.生涯、無事にあの金で楽しく暮らせるが、息子の障害は治らない
2.奥さんの心臓を撃って殺せば息子は正常に戻り、
 100万ドルは銀行に預け、息子の18歳の誕生日に贈られる

運命の選択を迫られるルイス夫妻
夫アーサー役は『魔法にかけられて』の王子ジェームズ・マースデン
妻ノーマ(足の指がX線のあて過ぎで欠損!!)役がキャメロン・ディアス

気になる女優さん
息子ウォルターのベビーシッター・デイナ役ジリアン・ジェイコブス
ノーマの妹デボラ役イブリナ・オボザ
次の被害者ウェラー役アリッサ・モーリス



原題だけでは内容がさっぱり判りませんが、
「運命のボタン」という邦題は、判り辛い人物設定や
不条理サスペンスの部分を端折って言い得て妙でしたね。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月13日(土)17:52:03
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
そうかぁ。時代設定は1976年でしたね。1億円近くではなくて
軽く1億円を超えていたのでした。

2011/05/04 (Wed) 13:57

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
結局、スチュワート氏は火星人の手先で、強欲な地球人を
自らの選択によって滅亡させようという壮大な計画だった訳!?

2011/05/04 (Wed) 14:02

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
被害者は「知らない誰か」ではあるが、
NSA周辺の人に限定されてましたね。

2011/05/07 (Sat) 07:54

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
二重苦を救われた息子にしてみれば、母親は殺され
その犯人が父親だったら、これまた不幸ですよね。

2011/05/13 (Fri) 02:15

Leave a comment

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 運命のボタン
  • リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演は...
  • 2011.05.04 (Wed) 11:55 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • 運命のボタン
  • 短編を長編化することの難しさ 【Story】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く…。 評価 ★★☆☆☆(2.5P) 【感想】 キャメロン・ディアスの黒い涙。  more...
  • 2011.05.04 (Wed) 12:34 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • 運命のボタン
  • 1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤いボタン付きの装置入った箱が置かれた。 夕方、アーリントン・...
  • 2011.05.06 (Fri) 23:24 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 運命のボタン・・・・・評価額1150円
  • ここにボタンがある。 あなたがボタンを押せば、100万ドルを手に入れる事が出来る。 ただし、その結果あなたの知らない誰かが、世界のどこかで死ぬ。 さて、あなたはボタンを押す?押さない? 「運命のボ...
  • 2011.05.09 (Mon) 09:44 | ノラネコの呑んで観るシネマ