『コトバのない冬』

コトバのない冬
北海道夕張近くの街
愛の記憶を失った女と、コトバのない男の物語

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

渡部篤郎長編初監督作品
劇場公開は昨年だが、映画の撮影は2004年と、公開から6年前
NGなしのワンテイク撮り

[配役]
 父 黒川遼一:北見敏之 薬局経営
 母 4年前に死去
 娘 冬沙子:高岡早紀 牧場で馬の調教
        落馬で逆向性健忘症-渉の記憶を失くす
        恋人 繁:鈴木一真 音楽製作DJ
 妹 早知:未希 東京でモデル

 食堂の女将 みどり:渡辺えり
 渉:渡部篤郎 遊園地の点検係 失語症
 啓子:広田レオナ スノーモービル屋の娘



落馬事故で頭を打ち、早知の帰郷後10日程の記憶を失くした冬沙子
音信が途絶えていた繁との仲も順調に札幌に移る事になるが...
そんな事とは露知らず、渉は貰った携帯番号にひたすら無言の電話を掛けるのであった(粛々)

ライバル関係となる渡部篤郎と鈴木一真は『heat after dark』(1999年)からの
盟友ですね。劇中、渡辺えりが引き合いに出す映画は『シベールの日曜日』(1962年)
渡部篤郎は新作『岳 -ガク-』では山岳救助のヘリ操縦士というオイシイ役を演じてました。

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年06月16日(土)04:06:18
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment