『月に囚われた男』

月に囚(とら)われた男
月の裏側にある採掘基地で働く男が
3年の契約満了直前に気付いた真相とは...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Moon
デヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズの長編映画監督デビュー作品
管理人は新作『ソース・コード(Source Code)』が気になったので、
同監督の作品をチェックしておこうと思って見てみた。

□ 独創的な設定
月の採掘基地に単身派遣された主人公サム・ベルは3年の派遣期間満了直前に
車両事故を起こす。基地で目覚めると事故の記憶がなかった。
それもその筈、目覚めたのはクローンだったのだ。
採掘会社ルナ産業は通信衛星の故障と称して外界との交信を遮断し
3年毎にクローンを使い回していたのだ。

□ 地味だが豪華な出演者
サム・ベル役は管理人がゲーリー・オールドマンとよく混同するサム・ロックウェル
最高3体が同時に登場する場面まである。
原体のボロホロ汚れ役が一番似合っていたのはご愛嬌。
基地を管理するロボット ガーティの声は、何と!!ケビン・スペイシー
管理人はエンドロールを見るまで気付きませんでした。

派遣前に不仲で半年家を出ていた妻テス役はドミニク・マケリゴット
サラン基地圏外に出て通信した際、応答した15歳の娘イヴ役はカヤ・スコデラリオ(『メイズ・ランナー』シリーズ。
彼女は『タイタンの戦い』ではアンドロメダ姫(アレクサ・ダヴァロス)の待女を演じていました。

□ ちょっと考えると...
ガーティの記憶を消去し、作業車の進路を変え通信妨害塔を破壊して
地球に帰還したクローン。ルナ産業は真相がバレ、告訴される。
でも、クローン一体が消えているので救助班イライザ号の面々も直ぐに
異常に気付く筈では...と突っ込みたくなります(笑)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月16日(水)23:19:45
ブログパーツ

Comment 7

There are no comments yet.

Hiro  

>ナドレックさん

TB有難うございました。
登場人物があれだけで、内容が濃い。中々の優れものです。
>不合理な労働を強制するのが韓国企業
そう言われてみればそうでしたね(気付くのが遅い)

2011/07/16 (Sat) 22:04

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
こんな少人数で上映時間 97分を持たすとは中々の才能じゃと思う。
ダンカン・ジョーンズ監督の今後の作品に要注意。

2011/07/17 (Sun) 23:10

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
ダンカン・ジョーンズ監督は映画オタクか、
相当映画に造詣の深い人物とみた。

2011/07/17 (Sun) 23:18

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
>低予算で短時間撮影とのこと
確かに登場人物は少ないけれど、月の表面や基地内の造形は
「SF映画の原点」に回帰したようで懐かしかった。

2011/07/18 (Mon) 19:06

Hiro  

>たおさん

TB有難うございました。
>例に挙げるまでもない多くの作品の影響が垣間見えるが
ガーティの役回りをヒューマン的にしていた所が新鮮でした。

2011/07/18 (Mon) 19:20

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
>映画はやっぱりアイデア次第
先達の良いところを吸収し、工夫し、
ちょっぴりオリジナリティを加えれば良いのだが、
凡人ではそれが出来ないんですよね。

2011/07/19 (Tue) 22:27

Hiro  

>風子さん

TB有難うございました。
>次はどんな映画を撮るのかなと、この監督に興味を持ちました
管理人は逆に新作から監督に興味を持ち、この作品を見ました。
公開当時に沢山の方がご覧になられているのを知り、
それほど評判になったかなと意外でした。

2011/07/19 (Tue) 22:34

Leave a comment

Trackback 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『月に囚われた男』 ラストをぶち壊した理由
  •  【ネタバレ注意】  毎日、毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ…  と嘆いたのは、450万枚以上という日本最大のセールスを記録した『およげ!たいやきくん』だが、1975年当時、サラリーマ...
  • 2011.07.16 (Sat) 21:27 | 映画のブログ
この記事へのトラックバック
  • 月に囚われた男
  • サム・ベル(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を採掘するため、たった一人、月での任務に就いていた。 地球との直接通信は許されず、話し相手は人工知能コンピュータのガーティ(ケヴィン・...
  • 2011.07.16 (Sat) 22:55 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 10-124「月に囚われた男」(イギリス)
  • 俺はこの世にたった一人  近未来。エネルギーの枯渇した地球は、新たな燃料源が存在する月へその希望を求めた。そして、宇宙飛行士のサム・ベルが世界最大の燃料生産会社ルナ産業との3年契約により、エネルギー源ヘリウム3を採掘して地球へ送るという仕事のため月へた...
  • 2011.07.17 (Sun) 01:12 | CINECHANが観た映画について
この記事へのトラックバック
  • 月に囚われた男・・・・・評価額1450円
  • 「月に囚われた男」は、冷たく無機質な映像が印象的なSFサスペンスである。 何でも、ダンカン・ジョーンズ監督は、あのデヴィッド・ボウイの息子なのだという。 そういえばボウイの主演作にも「地球に落ちて...
  • 2011.07.17 (Sun) 12:08 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • 月に囚われた男 (Moon)
  • 監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 サム・ロックウェル 2009年 イギリス映画 97分 SF 採点★★★★ 哲学本なんてものを読んだ事はおろか、手にした事すらないので“答え”ってもんが一向に浮かばないんですが、映画なんか観ていると時折「“人”の定義ってなんだろ…
  • 2011.07.18 (Mon) 13:21 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  • この世界にたった一人~『月に囚われた男』
  •  MOON  近未来。燃料エネルギー・ヘリウム3を採取するため、サム(サム・ロックウェル) はたった一人、月の裏側に派遣されていた。契約期間は三年。あと2週間で地球 へ帰還できるというその時...
  • 2011.07.18 (Mon) 22:20 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • 月に囚われた男
  • 俺はサム・ベル公式サイト http://www.moon-otoko.jp監督: ダンカン・ジョーンズ (デヴィッド・ボウイの息子)脚本: ダンカン・ジョーンズ  ネイサン・パーカー 世界最大の燃料生
  • 2011.07.19 (Tue) 13:40 | 風に吹かれて