『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

ハリーVS ヴォルデモート
2001年から始まった10年に及ぶ
シリーズの完結編。

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:Harry Potter and the Deathly Hallows
PART1 はこちら
シリーズものが苦手な(それまでの筋を覚えきれない)管理人には不向きな作品
単体では映画版『アイリス -THE LAST-』同様、理解不能で予習必須
逆に言えば、マニア待望の作品とも言える。上映時間130分

□ 残りの「分霊箱」(ヴォルデモートの魂の分身)→探し出して破壊
 全7つの内、3つは前作までに破壊済み。残りは4つ
 「ハッフルパフの金のカップ」(グリンゴッツ銀行)
 「レイブンクロウの髪飾り」(ホグワーツ魔法学校)
 「大蛇ナギニ」(ヴォルデモートのしもべ)
 「ハリー自身」(ハリー不死)

□ 3つの「死の秘宝」 の働き
 「透明マント」 … グリンゴッツ銀行潜入に活用
 「蘇りの石」 … スニッチから現れ、
    父ジェームズ、母リリー、名付け親シリウス、ルーピンが復活
 「ニワトリの杖」 … 所有権の移動がキーポイント
    ダンブルドア→ドラコ・マルフォイ→ハリー・ポッター
    ヴォルデモートはダンブルドアからスネイプに移ったと勘違いし、
    スネイプを大蛇ナギニを使い殺害。

□ スネイプの最期
  ハリーはヴォルデモートに殺られたスネイプの流した涙を採取し、
  「憂いの篩」で彼の真意を知る事になる。
  そこにはこのシリーズの根底のテーマ 不変の愛があった。

 参考サイト:マダムようの映画日記
         タナウツネット雑記ブログ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

【 『ハリー・ポッター』シリーズ作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年01月30日(土)22:04:57
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment