『神様のカルテ』

地方の救急医療内科医が、一人の末期癌患者と出会い、
改めて医療と向き合い直す...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:夏川草介 2010年本屋大賞第2位
オフィシャル Twitter
オフィシャル Facebook
舞台:長野県松本市
■ 本庄病院 救急医療365日24時間
[医師]
 栗原一止(いちと):櫻井翔 内科医
   在学中は「泣きの栗原」今は「引きの栗原」勤務歴5年
   救急外来を引き受ける割合がが他の1.5倍
   愛読書:夏目漱石「草枕」「こころ」「夢一夜」
   只、今も「涙を流してないだけで、心では泣いている」
   「救っても救っても、命がこぼれおちていく」と

 上司 貫田消化器内科部長:柄本明
   医局からドロップアウトした経歴を持つ
   高山教授とは旧知の仲
   「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。
    意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。」(「草枕」)

 同僚 砂山外科医:要潤
   信濃医大に戻る事が決まっている。
   栗原が高山教授に気に入られた事を喜ぶが...
   水無看護師を”天使”とのたまう。

[看護師]
 外村救急外来看護師長:吉瀬美智子/東西病棟主任看護師:池脇千鶴
   この二人がいなければ、病院は成り立たない!!
   水無陽子新米看護師:朝倉あき(管理人は存じなかった)

[患者]
 田川仁(62) 膵臓癌 9/7死去
   400号室(ナースステーション直近) 担当:水無
 安曇雪乃(64):加賀まりこ 胆嚢癌 元教師
   信濃医大で余命半年の宣告を受け、茫然自失
   「神様のカルテ」を見て栗原を頼り来院
   栗原先生=「一に止まると書いて"正しい"と読む」
   大腸の壁を破り余命1ケ月となる
   10/20誕生日 屋上で亡き夫が教鞭をとっていた穂高を見る
   カステラは文明堂

   この場面で看護士らが車椅子の安曇を迎えるのだが...
   このシーンが先日亡くなった原田芳雄の舞台挨拶と重なり泣けた
   監督・共演者が原田を気遣いサポート。この役の加賀と同じ心境だったに違いない


 小児科:リカちゃん
 他の患者:でんでん/山下容莉枝/左右田一平/斎藤歩

□ 信濃医大
 高山秀一郎教授:西岡徳馬
   栗原の技量を見込み、医局に誘う
   10/20 内視鏡勉強会(独オルドリンク教授)
   安曇の誕生日とダブリ、果たして栗原はどちらを選択するのか...

■ 御嶽荘(御嶽旅館)
 一止 8年住まい
 妻 栗原榛名:宮﨑あおい 山岳写真家
   一止と結婚1年 9/2は結婚記念日
   カメラはオリンパス 近くの神社参りは欠かせない
 男爵:原田泰造 画家/学士:岡田義徳 大学生
   学士 父が亡くなり、母が来訪。帰郷して畑仕事に就く事になる
   男爵 愚息を宜しくと託されながらお中元お歳暮独り占め
   追い出し会-門出の桜に万歳

 学士:「苦しみを共にするのではなく、喜びを共にすることが友人をつくる。」
    (ニーチェ 「人間的な、あまりに人間的な」)
 栗原:「学問を行うのに必要なものは、気概であって学歴ではない。
     熱意であって建前でない。」

□ 管理人の希望...
 ・ 栗原が帰宅すると、そこは「御嶽旅館」
   管理人はてっきり、実家が旅館をやっているのかと思った。
   ドクトル・男爵・学士・姫の住まう御嶽荘についてもっと知りたい!!
 ・ イチとハルのなりそめ
   結婚1年目と言う事だが、何処でどのように知り合い結婚したのか
   知りたくありませんか??
 ・ 『神様のカルテ』は2,3と執筆されているそうなので、続編なんかも期待出来るのかな。。。

【ロケ地情報】
・ 栗原が勤務する本庄病院:モデルとなった相澤病院
・ イチとハルがよく訪れる神社:深志神社

【続編製作決定】
神様のカルテ2』(’14年3/21公開予定)
監督:深川栄洋
出演:櫻井翔 宮﨑あおい 藤原竜也 柄本明
神様のカルテ神様のカルテ 2神様のカルテ 3
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月25日(土)08:51:11
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>misachiさん

TB有難うございました。
宮崎あおいちゃんがもっと病院シーンに絡んでくるかと思いましたが...
山岳写真家と言う設定は安曇さんの旦那さん関連でうまくリンクしていましたね。

2011/08/29 (Mon) 22:44

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画『神様のカルテ』
  • 原作を読んだ時にもさんざん泣いちゃって、 映画にもきっと泣かされるんだろうなと予想はしてました。 原作がいいからといって、映画が必ずしも期待通りにはいかないことも多いのですが、 この作品は期待を...
  • 2011.08.29 (Mon) 07:01 | よくばりアンテナ