『伊藤の話』

伊藤の話
新任の大学教授が久慈琥珀館で平重衡(たいらの しげひら)の娘の
亡霊に取り憑かれ1年後、黄泉の国に誘われる幻想ラブストーリー

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:小泉八雲の『伊藤則資の話』
伊藤則資(のりすけ)教授(41):温水洋一
 教鞭(社会科)を執っていた熊谷の女子高が廃校
 老人ホームへ改築 卒業スピーチ 英語教師(江口のりこ)から叱責
 米経済を学び本執筆 広告代理店を経て八戸大学へ
寺島美也子助手(27):田丸麻紀

小田島守章教授失踪退職
琥珀館館長は女性ではなく、待っていたのは売店の女

平重衡の娘:加藤夏希(カマキリの擬人化)
乳母:烏丸せつこ(実は彼女が一番怖い)

伊藤は序々に生気を失い、1年後、中空のカゴが迎えに来る。

何と言っても、見所は、温水と田丸のアンバランス
幻想ラブストリーと言うよりオカルトホラーぽい(笑)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月14日(土)09:42:32
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment