『いい旅・夢気分』 山形・宮城

11/9(水)PM20:00-20:54 テレビ東京系

奥の細道は秋景色 紅葉列車と名湯巡りの旅
山形・宮城


ゲスト:勝野洋 草刈正雄
二人は角川春樹監督第一回作品 大藪春彦原作の『汚れた英雄』(1982年)
からの付き合いだそうで。この作品は見事にコケましたね。
二人で記念撮影 ツーショットはさながら、
草刈:「刑事ドラマのよう」 勝野:「鳴子峡殺人事件」

宮城・鳴子峡は 2006/11/22 にも取り上げていました。

□ 最上川芭蕉ライン舟下り(1,970円)



『五月雨を 集めて早し 最上川』(松尾芭蕉)
最上川は、山形県南部に源を発して北へ水流を進め、酒田で
日本海へ流れ出る全長229kmの山形を代表する一級河川
ライン舟下りは、約12kmを約1時間かけて最上峡を下る。

江戸時代創業の老舗の宿 喜至楼(きしろう)は、ほんとボロかった。
外観からは耐震構造上、大丈夫!?と危惧してしまった。
中山平温泉~うなぎ湯の宿 琢 はホント温質が良さ気でしたね。

□ 鳴子峡
大谷川が刻んだV字渓谷は、深さ100m程の断崖絶壁が2000m以上続く。
撮影は10月下旬で、紅葉にはちと早かったかな。
11月上旬が見頃との事で丁度今頃が一番の見頃かも。
毎年約16万人の観光客が訪れると言う。

たまたま、BS朝日「鉄道・絶景の旅」の「陸羽東線・陸羽西線の旅・前編#28」
再放送(10/27日(木) 21:00-21:54)を見て、その紅葉の美しさが目に焼き付いていました。

汚れた英雄 デジタル・リマスター版 [DVD]
角川映画 (2011-01-28)
売り上げランキング: 2661
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年04月06日(水)06:29:09
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment