『MAD探偵 7人の容疑者』

MAD探偵 7人の容疑者
「相手の多重人格が見える」元刑事が
依頼され1年半前の刑事失踪事件に挑む...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Mad Dettective

キーワードは「人格」と「銃」

バンは西九龍署刑事課の元刑事。相手の素顔が人格化して見える能力を持ち、
現役時代は犯行を再現する手法でプロファイルし事件を解決する名刑事だった。
現在は新界南署勤務の妻チョンとも別れ、精神科の厄介になっている。

ホー刑事は新任の5年前2日間だけ一緒に勤務したバンに
1年半前に起きたウォン刑事失踪事件の捜査協力を依頼。
その後、奪われたウォン刑事の銃を使ったマスク強盗が続発していた...
バンの捜査により7重人格の相棒コウ刑事が森でウォン刑事を殺害したのが判る。

衝撃的なシーン(奇行)
・退任する署長に左耳プレゼント
・コウ刑事の連れて歩く7重人格
・痴呆のように繰り返し食べるフカヒレご飯
・バン夫妻とホー夫妻のWデート
お得意シーン(ジョニー・トー監督)
・輻湊する銃撃戦
・鏡の部屋の銃撃戦

人格は多種多様
 外見は一切無関係-身長の長短,性別男女,年齢老若問わずなんですね
銃の変遷
 ウォン → コウ(登録番号改竄)
 ホー → バン
 ジジ(ホーの妻 組織犯罪課) → ホー借りる

バン刑事のプロファイル術は『LADY ~ 最後の犯罪プロファイル ~』の
北川景子扮する香月翔子と同じ手法でした。
コウ刑事の7重人格は背後霊のようでした(笑)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月05日(日)19:48:24
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>micchiiさん

TB有難うございました。
バンが耳を切り取るシーンは
>「もしゴッホが刑事になったら、どうやって事件を解決するのか?
>その視点に基づいて主人公を作り上げた」
なるほどです。

2011/11/20 (Sun) 02:03

Leave a comment