『おにいちゃんのハナビ』

おにいちゃんのハナビ
引き籠りだった兄が、妹に助けられ社会復帰するが、
白血病の妹が急逝。兄は妹の見たがっていた花火を
打ち上げるべく奮闘する...

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

実話の映画化
舞台:新潟県小千谷市片貝町 片貝まつり
「この町の人間にとって花火は特別なんだ。
 花火を上げて喜びを分かち合うんだよ。花火を上げて悲しみを癒すんだよ。」

[ 須藤家 ]
 父:大杉漣 個人タクシー運転手
 母:宮崎美子 ベイシアスーパーマーケット売り子
 息子 太郎:高良健吾 引き籠り
    バイト-ASA新聞配達・コメリ
    翠嶂会(すいしょうかい) 佳代:早織/花火職人:塩見三省
 娘 華:谷村美月 白血病(初のスキンヘッド披露)
    クリスマスプレゼントで貰ったケータイ(ドコモ)で
    「成人の日」付けで日付指定動画メールを送信
    担任:佐藤隆太/担当医:佐々木蔵之介
    同級生 香澄:岡本玲/裕美子:広瀬麻百合/ヒロミ:剛力彩芽「ヤァバァ~」

[ 奉納 ]
 成人・33歳・42歳・50歳・還暦の同級会
 成人=翠嶂会 佳代:早織/アツシ:尾上寛之
 還暦=永遠会 看護師:朝加真由美/吉村実子

[ 太郎の”寒い”セリフ集 ]
(1)「これと同じだよ。俺、何処かでボタン掛け間違えちゃってよ」
   ハッ?何それ?何か上手い事言ったつもり?
   しかも、ちょっと格好付けてなかった?寒ぅ~
(2)「俺はそのまんま、引き籠りと言う名の隠れんぼを続けてたのかな」
   隙有らば、上手い事言うの止めよう~~
(3)「天国って、圏外なのか」
   突っ込んでよ、今面白い事言ったよ。

[ 華のお兄ちゃん性格分析 ]
  太郎の自己分析-人見知りでダサクて暗い
 「ネガティブ~、プラスに考えてみれば」
  「人見知り」は「遠慮深い」
  「ダサイ」は「個性的」
  「暗い」は「クール」(無理だろう、それは)

 「じゃあ自分って何色?」「黒、真黒だな」
 「私のイメージではお兄ちゃんはオレンジ色、優しい温かいというイメージ」
 「お兄ちゃんに足りないのは自信だけだよ」
 (奇しくも『ステキな金縛り』の宝生エミ弁護士と同じだ)



先日見た『ノルウェイの森』では17歳の高校生を演じていた高良健吾。今回は20歳の役。
翠嶂会の佳代役早織(旧名:小出早織)とは『南極料理人』で共演している。

担当医役の佐々木蔵之介と看護師役の朝加真由美は現在放映中のTVドラマ
キム・テヒ主演『僕とスターの99日』でも共演中です。

翠嶂会による花火-太郎の追善供養花火(紅舞華夢想)-町内の太郎応援花火
ホント、ラストの花火はキレイで圧巻でした。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年11月02日(土)23:50:12
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>ナドレックさん

TB有難うございました。
いゃぁ~、それにしても翠嶂会のテンションは半端ない。
本番までにバテてしまいます...

2011/11/24 (Thu) 21:39

Hiro  

>風子さん

TB有難うございました。
手のかかる子供二人を持った宮崎母さんも
不器用な大杉オヤジとの間に入り、上手かったと思います。

2011/11/26 (Sat) 01:40

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『おにいちゃんのハナビ』 もっとも違うのは何か?
  •  奇しくも、同時期によく似た映画が公開された。  だが、本当に似ているだろうか。  その映画とは、『君が踊る、夏』と『おにいちゃんのハナビ』だ。  類似点はたくさんある。  ・実話に基づく物語...
  • 2011.11.24 (Thu) 03:55 | 映画のブログ
この記事へのトラックバック
  • おにいちゃんのハナビ (トーキョーシネマショーにて)
  • 思いを花火にこめて公式サイト http://hanabi-ani.jp9月25日公開主題歌: 藤井フミヤ 「今、君に言っておこう」新潟県小千谷(おぢや)市の片貝まつりで花火が打ち上げられる9月9日。高
  • 2011.11.25 (Fri) 15:57 | 風に吹かれて