『ロビン・フッド』 (2010年版)

ロビン・フッド
12世紀末、十字軍遠征に参加していた射手が騎士に成りすまし、
戦死した王の王冠を持って帰るが内乱に巻き込まれ...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Robin Hood
グラディエーター』の黄金コンビ、リドリー・スコット監督+ラッセル・クロウ主演の時代劇

ロビン・フッド(ラッセル・クロウ)は獅子心王リチャード王(ダニー・ヒューストン)の戦死後、
仲間ウィル、アラン、リトル・ジョンらと軍を離れ帰国する道中、森で王宮に王冠を運ぶ
ロバート・ロックスリー卿(ダグラス・ホッジ)一行が王の命を狙うゴドフリー(マーク・ストロング)に
襲われる場面に遭遇。王冠を乗せた王馬がロビンの前に現れ、一味に捕らえられたジミーが
馬に引き攣られ命を落とす。

 □ ロビンは逃げるゴドフリーに一矢を報いる
 □ ロビンはロバートから剣をノッティンガムの父ウォルター(マックス・フォン・シドー)に
   届けるよう託される

ロビンらは騎士に成りすまし船に乗船帰国。泥酔し目覚めるとロンドンに着き、
リチャード王の母アリエノール(アイリーン・アトキンス)に接見。王の戦死を報告する。
王位は愚弟ジョン(オスカー・アイザック)が引き継ぐ事となる。
放蕩のジョンは重臣ウィリアム・マーシャル(ウィリアム・ハート)の意見に耳を貸さず、

 □ 仏の傀儡ゴドフリーに言われるまま、増税を宣告。マーシャルを解任。
 □ ゴドフリーは従わない北方諸侯征伐に向う。

ノッティンガムに着いたロビンはウォルターにロバートの非業の死を告げ、剣を返却。
ロバートの妻マリアン(ケイト・ブランシェット)と出会う。
ロビンはウォルターから剣に彫られた文言から亡き父の秘話を聞き、
搾取に苦しむ領民の為、請われるまま、ロバートとして領内に留まり、
新神父タック(マーク・アディ)に蜂の密造酒の件を黙認する代わり、
ヨークに持ち出される作物の奪還、種まきを敢行する。

ゴドフリーは
 □ ロバート=ロビンと知り、ノッティンガムを奇襲
   息子ロバートの敵討ちとウォルター爺はゴドフリーと対決するが
   目の悪い爺は敢え無く返り討ちとなる
 □ ジョン国軍 VS 北方諸侯 の反乱に乗じ、
   フィリップ仏王(ジョナサン・ザッカイ)に進軍を連絡
ロビンは父の遺志を継ぎ
 □ 北方諸侯を纏め、ジョン王に自由憲章承認を約束させる
 □ 国軍+北方諸侯で仏軍に立ち向かう

英軍VS仏軍
 海岸での接戦の末、ロビンがゴドフリーの首を射抜き
 劣勢の仏軍は退却敗退する
 瀕死の重傷を負ったマリアンを抱え、ロビンは何処へと去る...

ジョン王の新妻イザベラ役レア・セイドゥは
トム・クルーズのヒットシリーズ
『ミッション:インポッシブル』シリーズ第四弾
ゴースト・プロトコル』(12/16公開予定)に
女殺し屋サビーヌ・モロー役で出演

エンドロールにて
友人であり同僚であった
Bret Johnson(1958-2010)に賛辞

「ロビン・フッド」と言えば1991年の同名対決を思い出す。
もうあれから20年も経つのかぁ。
「ケヴィン・コスナー版」VS「パトリック・バーギン版」

  
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年11月07日(水)02:14:15
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>ナドレックさん

TB有難うございました。
ロビン・フッドはアウトロー集団のリーダーだったんですね。
日本では愚連隊のリーダーみたいな存在かな。

2011/12/03 (Sat) 23:04

Hiro  

>たおさん

TB有難うございました。
>ケイト・ブランシェットが。劇中に出てくる王族の誰よりも王族っぽい。
やはり『エリザベス』1,2の印象が強烈ですものね。

2011/12/04 (Sun) 00:12

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
マリアン(ケイト・ブランシェット)が義父の仇と
自ら参戦する場面に惚れました。

2011/12/04 (Sun) 00:17

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
仏が攻め込んで来るパターンは、先月見た
『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の真逆ですね。
>クライマックスは、「プライベート・ライアン」の
>ノルマンディー上陸シーンを思わせるような戦闘シーン
管理人は更に前の世代で『史上最大の作戦』(The Longest Day)
を思い出しました。

2011/12/04 (Sun) 11:24

Leave a comment

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ロビン・フッド (Robin Hood)
  • 監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを…
  • 2011.12.03 (Sat) 08:12 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  • 伝説となった無法者~『ロビン・フッド』
  •  ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか...
  • 2011.12.03 (Sat) 09:19 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • ロビン・フッド
  • 12世紀末。 弓の名手、ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、イングランドの獅子心王、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。 ...
  • 2011.12.04 (Sun) 02:22 | 心のままに映画の風景