『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』 2012年01月07日(土)18:29:52

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
脱北者の兄は武器密輸組織に
生き別れた弟は刑事になった...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

香港ノワールの傑作『男たちの挽歌』(1986年)の
韓国版リメイク

脱北者 兄キム・ヒョク(チュ・ジンモ) … 韓国釜山の武器密輸組織リーダー
     タイ組織の裏切りに合い3年間服役後、足を洗う
弟分イ・ヨンチュン(ソン・スンホン) … 兄貴の復讐の為、単身乗り込む
     タイ組織を壊滅。左脚撃たれ負傷 ヒョクの帰りを待ち再起を狙う
脱北者 弟キム・チョル(キム・ガンウ) … 韓国で刑事となる
     母と自分を置き去りにした兄を恨む テミンを捜査
末弟分チョン・テミン(チョ・ハンソン) … タイ組織との取引現場から逃げる
     キム不在の間にロシアマフィアと手を組み、のし上がる

テミンは警察の取り締まりがキツイ中、ロシアとの取引を強行する為、
ヒョクとヨンチュンを利用しようとするが、刑事となったチョルの為、
悪事をしないと決意したヒョクを引き込む事は出来なかった。

チョルは兄との関係で捜査を外されるが、強引に張り込みに参加
イ刑事(イム・ヒョンジュン)と車でテミンを追跡中、交差点で
トレーラーにぶつけられ負傷する。

テミンはヨンチュンを拷問、叔母の店を壊す。
ヨンチュンは単身、テミンの事務所に乗り込み、帳簿を奪う。
逃走中、ヒョクが車でヨンチュンをピックアップ。
テミンに帳簿と交換に10億ドル要求する。

帳簿を検察に渡し、取引現場で10億ドルを奪取した二人。
ヨンチュンをボートで先に逃がし、戻るヒョク。
駆け付けたチョルが捕まり、人質交換となる。
銃撃戦となり、チョルが左脚を撃たれ、
銃砲を聞いたヨンチュンも舞い戻り、三人が合流。

チョルに兄の思いを判らせようとしたヨンチュンが、
テミンの配下に蜂の巣にされ、ヒョクが弟を庇って
テミンの銃弾に倒れる。

包囲されたテミンは投降するが、兄を撃たれたチョルは
一度は思い止まったかに見えたが背後からテミンを撃ち、
自らの頭を撃ち兄と共に死す。

やはりオリジナルの三人チョウ・ユンファ、ティ・ロン、
レスリー・チャンに比べ、個性・アクの強さ・インパクトに欠けました。
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 チュ・ジンモ  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2016年02月19日(金)23:10:03ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [4件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/チュ・ジンモ、ソン・スンホン

ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌 』といえば香港ノワールを代表する傑作ですよね。なんとそれがジョン・ウーによる製作総指揮で韓国でリメイクされてしまいました。ストーリーの ...

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」 アクターズ・コレクション [DVD]香港ノワールの傑作を蘇らせたこの作品は、韓国映画らしい脱北問題をからませたのはいいが、生き別れの兄弟のパートが ...

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

香港ノワールの傑作「男たちの挽歌」を監督のジョン・ウーが製作総指揮を執り、韓国でリメイク。監督は「力道山」のソン・ヘソン。出演は、「ゴースト もういちど抱きしめたい」 ...

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW・・・・・評価額1400円

男たちの熱い絆が、四半世紀を経て蘇る。 1986年に公開された香港ノワールの代表作「男たちの挽歌」が、韓国でリメイクされた。 オリジナルの監督であるジョン・ウーがエグゼクティブ・プロデューサーを勤め...

コメントの投稿 [4件]

非公開コメント

>かのんさん

TB有難うございました。
>この作品には男の哀愁ややや物足りなくて任侠度が
>もっと高くても良かったような気がします
そうなんですよね。オリジナルの強烈なカタルシスに及ばなかった。

>まちこさん

TB有難うございました。
>本作は、リメイクではなくリウェイク(再覚醒)
そうだったのか...
ヒョクはタイであれだけ暴れたのに3年で出所
相手が犯罪者でもちょっと短過ぎない?
脱北者チョルが3年で刑事に。かなりのハンデがあると
思うのだけど、よほど成績が良かったのか?

>パピのママさん

TB有難うございました。
本当の兄弟ヒョク&チョルよりも、義兄弟ヒョク&ヨンチュンの方が
男気があって格好良かったですね。

>ノラネコさん

TB有難うございました。
オリジナルから、はや四半世紀かぁ。
あの作品を劇場で鑑賞した時の興奮は、早々味わえるものではない。

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『大鹿村騒動記』 2017/11/18
映画『一茶』製作会社が破産 2017/11/15
『マザーズ・デイ』 2017/11/12
Facebook向けサムネイル画像URL追加 2017/11/11
最近気になるCM[26](柴咲コウ) 2017/11/10
『ケンとカズ』 2017/11/09
『君の名は。』 2017/11/08
『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』 2017/11/07
『土竜の唄 香港狂騒曲』 2017/11/06
『侠女』 2017/11/05
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第58位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第27位
アクセスランキングを見る>>