『トイレット』

トイレット
母の死後、バラバラだった三兄妹は
日本人祖母と暮らす中で、絆を取り戻していく...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

全編英語作品 特別協賛:TOTO
[ 三兄妹 ]
次男レイ(アレックス・ハウス) … 実験室勤務 ロボットプラモオタク
     ばーちゃんを怪しみ、DNA鑑定 ブラシを間違え、自分と妹のDNA鑑定
長男モーリー(デイヴィッド・レンドル) … 引き篭りのピアニスト
     4年前パニック障害 外出できず演奏会では吐く
     ミシンを持ち出しスカートを履き再起
     「欲求に理由を求めるのは無意味だ」
長女リサ(タチアナ・マスラニー) … 生意気な大学生 詩のゼミ
     エアギター選手権でフィンランド目指す

猫センセー
ばーちゃん(もたいまさこ) … トイレを出る時いつもため息
     分厚い財布には紙幣が一杯
     セリフは一言「モーリー クール
     でもウオッシュレットを使う事無く急逝

[ 何でも3000ドル均一 ]
  DNA鑑定料/ロボットのプラモデル/ウォッシュレットトイレ
  同僚アグニの車の修理代/アパートの火災保険金
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月04日(金)20:22:39
ブログパーツ

Comment 6

There are no comments yet.

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
もたいさんは外国人の中にあっては中国人に見えてならなかった。

2012/02/10 (Fri) 23:31

Hiro  

>まちこさん

TB有難うございました。
モーリー、リサの懇願に財布からお金を取り出す場面で
実はばーちゃんは英語が聞き取れているのではないかと
疑ってしまった...

2012/02/10 (Fri) 23:35

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
外国暮らしではやはり寿司・餃子が恋しくなるんですかねぇ...

2012/02/10 (Fri) 23:39

Hiro  

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
そうかぁ、レイがばーちゃんの遺灰の残りを取っておこうとしたのは
まだDNA鑑定を諦めてなかったからかぁ...

2012/02/10 (Fri) 23:43

Hiro  

>:ノラネコさん

TB有難うございました。
観るというよりも感じる映画ですね。
只、作り続けていくには興行的に苦しい系統だとは思います。

2012/02/11 (Sat) 11:44

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
エンドロールではもたいばーちゃんにもエアギターを
奏でて欲しかった(高望みし過ぎかな...)

2012/02/11 (Sat) 11:48

Leave a comment

Trackback 6

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • トイレット
  • 『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督のオリジナル脚本により最新作。今回は全編カナダロケで、言葉も英語となっている。バラバラな3兄妹がばーちゃんとの共同生活の中で徐々に絆を取り戻していく様子を描く。ばーちゃん役にもたいまさこ、謎の女性役に『西の魔女は死...
  • 2012.02.10 (Fri) 08:04 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • 映画レビュー「トイレット」
  • トイレット [DVD]◆プチレビュー◆不器用な3兄妹の成長と家族の絆が少ない言葉で語られる。ベタつかない家族愛が心地よい。 【70点】 プラモデルオタクの青年レイは、母の死後、 ...
  • 2012.02.10 (Fri) 08:53 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
  • トイレット/もたいまさこ、アレックス・ハウス
  • 『バーバー吉野』『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が自ら書き下ろした脚本で念願であった海外での撮影を実現し製作したという映画です。主演は荻上直子監督のミューズと言 ...
  • 2012.02.10 (Fri) 09:20 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  • トイレット
  • 公式サイト。荻上直子監督、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ。バーチャン(もたいまさこ)の無表情無言劇は今に ...
  • 2012.02.10 (Fri) 10:03 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  • トイレット・・・・・評価額1550円
  • 「かもめ食堂」 「めがね」に続く荻上直子監督の最新作は、「トイレット」というこれまた奇妙なタイトルの作品だ。 資本的には日本映画だが、舞台は北米で完全な英語劇である。 「かもめ食堂」の大成功を受...
  • 2012.02.10 (Fri) 21:57 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • ばーちゃん、クール!~『トイレット』
  •  今日、ママが死んだ。そう大きくない家と、猫のセンセーと、日本から来たばー ちゃんを遺して・・・。  スローで、ロハスで、クールな荻上直子監督の新作。衝撃的(?)なタイトルの 由来は、あのマ...
  • 2012.02.10 (Fri) 22:00 | 真紅のthinkingdays