『ラスト・ターゲット』

ラスト・ターゲット
身の危険を感じたら、容赦無く恋人までも殺してしまう殺し屋が、
一人の娼婦を愛し稼業引退を決意するが...

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:マーティン・ブース 『暗闇の蝶
原題:The American
ジャック(ジョージ・クルーニー)は殺し屋。
それも銃の製作・調整まで行うプロだ。
正直、途中までは甘いマスクの彼に、この役は合わないと思ったが、
娼婦クララ(ヴィオランテ・プラシド)に惚れ込むあたりから思い直した。
「歴史にはお構いなし。今だけに生きる」

潜伏先:イタリア小町カステル・デル・モンテ
最後の仕事:特注銃の製作

男は不細工だが、女は皆ゴージャス
ベネデット神父(パオロ・ボナッチェリ)
 手を見てジャックの職業カメラマンを不審に思う
パヴェル(ヨハン・レイセン)仕事の手配師
 ジョン・マルコヴィッチ+ジェームズ・ウッズみたいな容姿かな

娼婦クララ(ヴィオランテ・プラシド)
 彼女一筋のジャックに心動かされ、二人で生きていこうとするが...
 友人アンナ(アンナ・フォグリエッタ)アメリカ好き
依頼人マチルダ(テクラ・ロイテン)
 パヴェルの指令でエドワード(ジャックの偽名)を狙うが
 ジャックの方が上手だった。銃身に細工、哀れ片目吹っ飛び暴発死
ゴージャス過ぎて、一瞬クララとマチルダの区別が付かない事も(笑)

ラストはアメリカ映画らしからぬ悲恋なエンディング
 ジャックはパヴェルと相撃ち(早々、パヴェルが登場するのが?だが)
 クララの待つ川辺にやっとの思いで辿り着くが息絶える

ちなみに劇中引用されるイタリアマカロニウエスタンの巨匠
セルジオ・レオーネ作品は『ウエスタン』(1968年)
チャールズ・ブロンソン/クラウディア・カルディナーレ/ヘンリー・フォンダ共演
登場シーンはヘンリー・フォンダでしたね。

関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年04月21日(土)04:56:18
ブログパーツ

Comment 9

There are no comments yet.

cow  

『ラスト・ターゲット』へのコメント

タイトルから想像出来ないほど意外に面白かった。

2012/03/17 (Sat) 16:17

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
>舞台が欧州イタリアというのもありますけど、ヨーロッパテイストな
>落ち着きある作風もなかなか良かった
普段見慣れたハリウッド映画とは異質でしたね。

2012/03/20 (Tue) 19:39

Hiro  

>佐藤秀さん

TB有難うございました。
>イングリッド、マチルダ、クララ、そろいもそろってゴージャス美人
クルーニーじゃなきゃ、捌き切れません(笑)

2012/03/20 (Tue) 19:45

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
怪しげな待ち合わせ場所の食堂での導線の描き方は見事でした。
クライム・サスペンスの秀作だと思います。

2012/03/20 (Tue) 20:42

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
いつもは口数の多い印象のクルーニーがニヒルなダンデズムを見せてくれました。
当ブログも参加している映画レビューサイト「coco」は映画の試写会まで開催されるのですね。

2012/03/20 (Tue) 20:53

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
>暗殺者のジャックに、暗殺の依頼ではなくて武器製作の依頼
そうなんです。これまでの映画でこういったケースは見た事が無かった。

2012/03/20 (Tue) 23:24

Hiro  

>たおさん

TB有難うございました。
>冷静で冷酷な殺し屋役がハマるのか不安だったのだが
私もそう思いましたが、クールに決めてくれました。

2012/03/20 (Tue) 23:54

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
クルーニーが誰も信じらず、疑心暗鬼に陥った孤独な暗殺者を好演していました。

2012/03/20 (Tue) 23:58

Hiro  

>パピのママさん

TB有難うございました。
>こういう終わり方って古いけど松田優作の「蘇る金狼」みたいな感じ
殺し屋に安息の地はないってとこですかね。

2012/03/22 (Thu) 02:29

Leave a comment

Trackback 8

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット/ジョージ・クルーニー
  • 英国人作家マーティン・ブースの小説『暗闇の蝶』を原作に『コントロール』のアントン・コービン監督が映画化したという作品。といっても両者とも全く存じないのですが、お目当て ...
  • 2012.03.18 (Sun) 09:19 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット
  • Our Love Is Here To Stay 公式サイト。原題:THE AMERICAN。アントン・コービン監督、ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・プラシド、テクラ・ルーテン、パオロ・ボナッチェリ。原題は孤独な ...
  • 2012.03.18 (Sun) 10:23 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット
  • 暗殺を生業とするジャック(ジョージ・クルーニー)は、スウェーデンの雪原を連れの女性と歩いているところを何者かに狙撃される。 一瞬の間にスナイパーを返り討ちにすると、一緒にいた女性も撃ち殺した...
  • 2012.03.18 (Sun) 12:09 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 映画「ラスト・ターゲット」@角川試写室
  •  試写会の客入りはほぼ満席、今回は映画レビューサイト「coco」さんが主権だ。会場となった角川試写室は出来立てのホヤホヤだそうで、試写室に一般観客を招いたはじめての試写会である。
  • 2012.03.18 (Sun) 16:22 | 新・辛口映画館
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット/The American
  • マーティン・ブースの『暗闇の蝶』を映画化。ベテランの暗殺者が1人の女性を愛したことを機に裏家業からの引退を決意する。しかしそこには恐るべき罠が潜んでいた…。主演は『マイレージ、マイライフ』のジョージ・クルーニー。監督は『コントロール』のアントン・コルベ...
  • 2012.03.18 (Sun) 18:55 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット (The American)
  • 監督 アントン・コルベイン 主演 ジョージ・クルーニー 2010年 アメリカ映画 105分 サスペンス 採点★★★ 然程銃器に詳しいわけじゃないんですが、あまり見た事のない銃が出てきたり、銃を撃つひとつひとつの動作を丁寧に撮ってる作品なんかを観ると、なんか“ち…
  • 2012.03.19 (Mon) 06:28 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット
  • 久々に寡黙なジョージ 【Story】 スウェーデン、ダラルナの森の一軒家で女性と一夜を過ごしたジャック(ジョージ・クルーニー)は、翌朝白銀の世界で何者かに狙撃される。間一髪で命拾いした彼は、狙...
  • 2012.03.19 (Mon) 06:59 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ターゲット
  • 英国人作家マーティン・ブースの『暗闇の蝶』を「コントロール」のアントン・コービンが映画化。裏社会からの引退を決意した孤高の暗殺者の姿を描く。出演は「マイレージ、マイラ ...
  • 2012.03.21 (Wed) 10:36 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ