WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の出演者キャラを箇条書きで紹介しています。

 

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』 再見

X-MEN:ファイナル ディシジョン
ミュータントを人間にする治療薬キュアが開発され、
ミュータント内にも亀裂が起きる...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:X-Men: The Last Stand
初見:2006年09月17日
全米大ヒット中の『アベジャーズ』と同じセオリーの作品
 ・ シリーズものは強い
 ・ エスパー(超能力者)の大集合

前作『X-MEN 2』で無くなった筈のジーン(ファムケ・ヤンセン)が二重人格フェニックスとして再登場
レベル5の力を発揮、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)を粉と散らす。
アルカトラズ研究所での決戦場面の彼女の形相では
スティグマータ 聖痕』のパトリシア・アークエットを思い出しました。

[ひとりごと...]
□ キュアの源 近付くだけでミュータントの力を無力化する白少年
 リーチ君(キャメロン・ブライト)はその後どうなったのでしょう...

□ ローグ(アンナ・パキン)の能力は、他の能力を吸い取るだけで
 『SPEC ~翔~』で描かれた他の能力を奪い独り占めするのではなかった

□ 護送中のミスティーク(レベッカ・ローミン)嬢
 子供に変身出来るなら、手錠抜けも出来るでしょうにと思ってしまう...

[ラストには...]
□ 看護士モイラ(オリヴィア・ウィリアムズ)の患者に死んだ筈の
 チャールズの意思が移植され...

□ キュアの4本刺しで能力を失ったマグニートー(イアン・マッケラン)老人
 チェス牌を念力で動かし、能力復活!?
関連記事
【同カテゴリページ送り 【洋画】 [英数行] 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月12日(日)23:53:49
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件

【更新順ページ送り】