『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』

グレート・ウォリアーズ 欲望の剣
戦の報酬を没収の上、追放された傭兵が貴族に復讐を開始する...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Flesh + Blood

オランダ出身ポール・ヴァーホーヴェン監督の渡米後、
初監督作品
ルトガー・ハウアー ジェニファー・ジェイソン・リー共演
というのが注目の作品
舞台:1501年 西ヨーロッパ

[貴族側]
 領主アーノルフィニ:フェルナンド・ヒルベック
 息子スティーヴン:トム・バーリンソン
 隊長ホークウッド:ジャック・トンプソン
  ・ 誤って刺した修道女クララ(ブランカ・マルシラッチ)を助ける
  ・ 助けた城主の娘からペストを罹患
  ・ ペストで死んだ犬の肉を投げ込む作戦



[傭兵側]
 リーダーマーティン:ルトガー・ハウアー 41歳
  出演作品としては代表作『ヒッチャー』の前年の作品
  ミシェル・ファイファー共演の『レディホーク』と同じ年の製作
  秘密兵器爆弾樽転がしで敵の木製梯子車を爆破
 情婦セリーヌ:スーザン・ティレル 凄い存在感
 傭兵サマー:ジョン・デニス・ジョンストン 偶像聖マーティンのお告げを告げる

 スティーヴンの婚約者アグネス:ジェニファー・ジェイソン・リー 23歳
 ハウアー41歳を婚約者スティーヴンと比べおじさん呼ばわりするのも止むを得ないか

 作品としてはやたら全裸シーンが登場
 傭兵の略奪シーンなど卑猥な描写も多い
 今から見るとグロイ作品である。

 《 気になる女優さん 》
 よく癲癇?を起こす修道女
 クララ役ブランカ・マルシラッチ

 劇場未公開のクリストファー・ランバート
 主演『マスク・オブ・レジェンド』(2006年)
 という作品があるよう...機会があれば見てみよう。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月28日(日)02:13:29
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment