cinema-days 映画な日々

『愛する人』 再見

2012/06/30
アネット・ベニング ナオミ・ワッツ
愛する人
母娘三代に亘る人間模様

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Mother and Child
初見:2012年01月14日

【スポンサーリンク】
[気になるところ]
1.エリザベス(ナオミ・ワッツ)が隣人の旦那スティーヴンを誘惑
  寝室の衣裳ケースに下着を隠す → 夫婦間の諍いが見たかった
  妊娠中の妻トレイシー役のカーラ・ギャロは『幸せへのキセキ』で
  動物園の会計係ロンダを演じていました。
2.カレン(アネット・ベニング)は娘の手紙を管理不足で1年以上も放置していた
  養子縁組担当をもっと叱責すると思った。
3.実子希望のジョセフと養子熱望のルーシーは結局離婚しちゃったの?
4.この人たちの気持ち
  ・ポール(サミュエル・L・ジャクソン)が職場の部下を孕ませていたのを知った
   娘マリアの心境は?
  ・荷物をまとめ出て行くエリザベスが盲目の少女ヴァイオレットと
   エレベータで一緒になった時の心境?(彼女に声をかけなかった)
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook