『キッズ・オールライト』

キッズ・オールライト
レズビアンカップルの子供たちが
精子提供者に会った事から起こる波乱

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Kids Are All Right
アネット・ベニングとジュリアン・ムーアがレズビアンカップルを演じると言う凄い作品
精子提供者役はマーク・ラファロ(嘗てのバート・レイノルズと言った感じ)

[レズビアンカップル]
 ニック:アネット・ベニング(『愛する人』に続き好演) 医師
   ジョニ(18):ミア・ワシコウスカ 大学進学一人住まい 今後の活躍に注目
   友人サーシャ 性的思考/ボーイフレンド ジェイ(クナル・シャーマ)
ジュールズ:ジュリアン・ムーア 庭の景観デザイン
   レイザー(15):ジョシュ・ハッチャーソン
   悪友クレイ

[精子提供者]
 ポール:マーク・ラファロ 有機栽培レストラン
   恋人タニヤ(ヤヤ・ダコスタ)
   同僚ブルック(レベッカ・ローレンス)

ジュールズがポールの裏庭整備を請け負う
   ポールがジュールズと関係 カレンとジュールズの関係に亀裂
    庭師ルイス クビ
 
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年06月16日(土)20:11:09
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
>ポールに、コロリとなっちゃうジュールス
ジュールスは両刀使いなんですね。
繊細なジュリアン・ムーアが意外と毛深いのを発見

2012/07/03 (Tue) 19:53

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
地味だが、演技達者が集った佳品でした。

2012/07/04 (Wed) 23:35

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
>ゲイ・カップルが同じ精子を使ってそれぞれ子供を産む
異母姉弟=父親が同じ精子提供者 現実的に有り得るのかなぁ...

2012/07/06 (Fri) 22:28

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • キッズ・オールライト
  • レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(
  • 2012.07.03 (Tue) 12:37 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • キッズ・オールライト
  • 訴えは良いが甘い男性の描き方 【Story】 レズのカップルであるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の子供達(ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レ...
  • 2012.07.03 (Tue) 22:29 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • キッズ・オールライト
  • ■ 試写会にて鑑賞キッズ・オールライト/THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010年/アメリカ/107分 監督: リサ・チョロデンコ 出演: アネット・ベニング/ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウス
  • 2012.07.05 (Thu) 23:52 | 映画三昧、活字中毒