『脳男』 映画化

脳男(2013年2/9公開予定)
監督:瀧本智行 脚本:真辺克彦 成島出
原作:首藤瓜於 第46回江戸川乱歩賞受賞 
出演:生田斗真 江口洋介 松雪泰子 二階堂ふみ 太田莉菜
内容:猟奇的な手口の無差別連続爆破事件が発生した地方都市
刑事 茶屋(江口)は犯人 緑川(二階堂)のアジトを突き止めるが、
確保出来たのは身元不明の男 鈴木一郎(生田)のみ。一郎は犯行手口が
余りに異常だった為、精神鑑定を受ける事になる。脳神経外科医 鷲谷(松雪)は、
一切の感情を表に出さない一郎に興味を持つが、緑川が病院を襲撃し始める。

生田:「今年1月から格闘技を習い始め、半年間の準備を経て撮影に挑んだ。
凄く贅沢な時間だったと思う。命を賭けて、魂を乗せて演じました」

江口:「僕が演じるのは、感情をむき出しにする男。脳男とは対照にある役柄です」

松雪:「撮影期間は重い鎧を着て、低空飛行で耐えながら芝居をしていたような時間でした。
生田君も大変だったと思うけれど、動かない人に向かって何かを投げかけるというのは、
こんなに大変なものかと思いました。苦しい心理状態でしたね」

二階堂:「現場では瀧本監督に一杯反抗しまくっていて、謝りたい気持ちです」

関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年09月04日(月)00:38:02
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment