WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『スリーデイズ』

スリーデイズ
妻の無実を信じ、周到に脱獄を計画する大学教授

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Next Three Days
フランス映画『すべて彼女のために』のリメイク
舞台:ピッツバーグ
ジョン・ブレナン(ラッセル・クロウ)二年生大学の教授
妻ララ(エリザベス・バンクス 『崖っぷちの男』交渉人役)
  殺人罪でアレゲニー郡刑務所に服役 懲役20年
  3年後、最高裁に上告出来ず、刑確定-自殺未遂
  事件 上司の女性が物盗りに駐車場で消火器で殴殺される
  証拠 コートの血痕 消火器の指紋 目撃者
  反論 出口でぶっかった女 取れたボタン
  持病 糖尿病 インスリン打ち
息子ルーク
  公園の女の子キャリー
  母親ニコール(オリヴィア・ワイルド『トロン:レガシー』『カウボーイ&エイリアン』 で取り上げ)
  ルークをキャリーの誕生日会に招待
祖父ジョージ(ブライアン・デネヒー 久々!!)
  息子ジョンの計画を知るが口に出さず、生涯の別れを握手・抱擁で交す場面が良い
マイヤー弁護士(ダニエル・スターン)
  ジョンにララの上告断念を宣告 コメディ役者のイメージが強いスターンが固い役

脱獄指南
デイモン・ペニントン(リーアム・ニーソン)著書『塀を越えて』脱獄7回
  リーアム・ニーソン『ダークナイト ライジング』同様
  出番が少なくても重要な役柄です。
  ピッツバーグは15分で交通網封鎖35分で手配書配布
  この情報に従い、ジョンは動物園に行っている息子を諦めるのですから

母は強し
  旦那の暴挙に渋々ながら従っていたララも、息子を見捨てて逃走しようとする
  彼には我慢がならず。高速道路にも拘らず飛び降りようとする。
  間一髪察知したジョンが急ブレーキ、スピンする車にトラックが接近...

完璧な逃走準備
  ゴミ … 壁に貼ってあった脱獄資料を無造作に黒いビニールを詰めていたようだが
  捜査を撹乱する為、ダミー資料を近くのゴミ箱に残して置いた
  金網 … 前夜切断していたのは地下鉄線路脇の金網だったのですね
  地下鉄を急停車させ途中下車し逃走するのも計算済みだったとは!!
  ナブルシ警部補(レニー・ジェームズ)は見事にこの術策に嵌りました
  クイン刑事(ジェイソン・ベギー)には3年前の事件の真相にもっと早く気付いて欲しかった   

  逃走先
  ベネズエラ カラカス
  デイモンの指示に従い米人が行かないところを選択
関連記事
【洋画】 [サ行] カテゴリ内のページャー
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月16日(木)23:19:10
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 1 件

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>たおさん

>リメイクまでの間が10年位空いてれば程良く元ネタを忘れている
管理人なんか、1年足らずですっかり忘れている事が毎度の事なので
その点は全然大丈夫でした(笑)

2012/10/01 (Mon) 23:02
 ■ トラックバック一覧 1 件

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • スリーデイズ (The Next Three Days)
  • 監督 ポール・ハギス 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/フランス映画 133分 サスペンス 採点★★★ リメイク物ってのを一本の作品として客観的に評価するのって、なか
  • 2012.10.01 (Mon) 10:34 | Subterranean サブタレイニアン