cinema-days 映画な日々

『しあわせのパン』

2012/12/10
原田知世 大泉洋
しあわせのパン
パンカフェを営む夫婦と、その店を訪れる
お客様たちの人生を描く、春夏秋冬の物語

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

主題歌『ひとつだけ』唄:矢野顕子 with 忌野清志郎
にインスパイアされた書き下ろし作品

【スポンサーリンク】
舞台:北海道 洞爺湖の畔にある小さな街 月浦
宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェ「マーニ」

オーナー:水縞夫妻 りえ(原田知世)尚(大泉洋)
観察好きの羊ゾーヴァ

カンパニオン(仲間)
[いつもの客]
阿部さん(あがた森魚)トランクの中はアコーディオン
郵便屋さん(本多力)いつもりえを綺麗と褒める
[隣人]
広川夫妻(中村靖日・ 池谷のぶえ)子沢山
陽子さん(余貴美子)ガラス工房 地獄耳(『食堂かたつむり』にも出演していましたね)

[夏の客]
斎藤カオリ(森カンナ)沖縄ムーンビーチをドタキャンされ傷心2日間宿泊
 デパート勤務 沖縄土産はコロポックルの木彫り像
山下トキオ(平岡祐太)鉄道車両切替作業員 住まいはカフェから3時間
 北海道から出られない青年

[秋の客]かぼちゃのポタージュ
未久(八木優希)両親が離婚 父親と生きて行く事を選択
パパ(三石研)ママ(霧島れいか)

[冬の客]豆入りパン
想い出の地有珠駅(ウスエキ)に再びやって来た老夫妻
阪本史生(中村嘉葎雄)阪本アヤ(渡辺美佐子)
娘有月(うづき)銭湯「日乃出湯」を地震で失くし病の妻を抱え最後の旅路だった。



演技が上手い役者さんを揃えました。
大泉氏も物静かで穏やかなキャラも出来る事を証明。
森カンナさんは初見でしたが、自然体の演技で今後注目かな。

ベテラン中村嘉葎雄 奥さんが落としたスプーンを拾う場面は涙涙
カフェ2周年目には夫妻の間に新しい命が...

同企画第二弾『ぶどうのなみだ』(2014年10/11公開予定)
監督・脚本:三島有紀子
出演:大泉洋 染谷将太 安藤裕子 
「ぶどうのなみだ」の風景 (SPACE SHOWER BOOKs)

父親が残したぶどうの樹と小麦畑で、兄のアオ(大泉洋)はワインをつくり、
弟のロク(染谷将太)は小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる
品種ピノ・ノワールを使ったワインの醸造に励んでいるが、中々理想の出来
栄えにはならない。そんなある日、キャンピングカーに乗った一人の旅人
エリカ(安藤裕子)が二人の前に現れ、静かな生活に新しい風を吹き込んでいく...
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook