『カラスの親指』

詐欺師二人組の元に、アパートを
追い出された美人姉妹とその恋人が転がり込んで来た。
5人は一世一代の大勝負を決行するが...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:道尾秀介 日本推理作家協会賞作品
読後の感想
武沢竹夫(タケ 46):阿部寛
  娘 沙代 放火死
  8年前、闇金の裏帳簿をサツに垂れ込み
入川鉄巳(テツ 45):村上ショージ
  新米詐欺師 偽名(アナグラム)使用

長女やひろ(26):石原さとみ エンドロールまで彼女と気付かなかった。
-恋人・貫太郎:小柳友 時計の修理屋 爆竹苦手
   松雪泰子主演のTVドラマ『パーフェクト・リポート』では要潤の下で
   カメラマンアシスタントを演じていました
次女まひろ(18):能年玲奈(のうねん れな)スリ常習
猫:トサカ(バラバラ死体にならなくってよかったよかった)黒を白に染め



[ターゲット]
 ① 競馬場:ユースケ・サンタマリア … 2枚重ねの当たり馬券
 ② 質屋:ベンガル … 安物香炉
 ③ 闇金:樋口(鶴見辰吾)机を引っかく癖
       部下老ソラマメ(上田耕一)の指摘に一同ハラハラどきどき
   盗聴器を仕込んだプリペイド携帯10台を売り込み
   口座情報を収集-摘発情報を流す
   現金が金庫に集中したところで、盗聴バスターズ登場
       阿部ちゃんがスキンヘッドにしていたのには失笑!?
       テルマエ・ロマエ顔の阿部ちゃんが幾ら髪を剃っても、一目瞭然では...
   貫太郎がキレて発砲-まひろが転落死
   実は落下体はやひろの成りすましでまひろは隣室の女に成りすまし

[疑似家族]
 5人の共同生活 → テツの親指挿話(親指は家族の中心)

[アルバトロス作戦]一石三鳥
 ・ 闇金の追っ手撃退復讐
 ・ 現金奪取
 ・ 父娘の共同作業

[5人の関係]
 タケが追い込みをかけ焼け出され一人残された娘がまひろ
 テツの本名は河合光輝でまひろらの実父
 取込詐欺3000万後、肝臓癌入院、コンゲーム劇団を雇い、
 全てを仕組んだ詐欺のベテランカラス

原作を読んだ時もそうでしたが、テンポの良い痛快なコンゲームを
期待していると肩透かしに合う。闇金に一泡吹かせて解散し、
また、いずれ5人で一仕事するようなシリーズものとした方が面白かった。
上映時間2時間40分の長尺は長過ぎました。

阿部寛出演作品 】
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2014年08月10日(日)17:42:17
ブログパーツ

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>かのんさん

TB有難うございました。
原作を既読だった管理人は、闇金一味を騙すところが
ハラハラさせられました。

2012/12/16 (Sun) 13:57

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
この作品は原作を未読の方がよいかもしれません。 
オチが判っていると160分は長尺に感じると思います。

2012/12/16 (Sun) 14:03

Hiro  

>冒険風ライダーさん

TB有難うございました。
今作品は原作を読んでいたので、映画のみの鑑賞の方とは視点が異なりました。

2012/12/23 (Sun) 15:33

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
原作既読の管理人は結末が判っている分、テツ役の村上ショージの演技が
物足りなかった。

2012/12/24 (Mon) 02:54

Leave a comment

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • カラスの親指/阿部寛
  • 何やら面白そうなミステリー作品だなぁと楽しみにしてました。原作は未読ですが直木賞作家・道尾秀介さんの本格ミステリー小説を映画した作品だそうです。阿部寛さんと村上ショー ...
  • 2012.12.12 (Wed) 11:06 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  • カラスの親指
  • 詐欺師のタケ(阿部寛)は、どこかマヌケなテツ(村上ショージ)と成り行きでコンビを組んでいた。 ある日、街で偶然知り合った少女まひろ(能年玲奈)が、姉のやひろ(石原さとみ...
  • 2012.12.13 (Thu) 00:52 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 映画「カラスの親指」感想
  • 映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ...
  • 2012.12.23 (Sun) 11:57 | タナウツネット雑記ブログ
この記事へのトラックバック
  • 12-291「カラスの親指」(日本)
  • 最後に思い出が欲しかったんです   悲しい過去を持つプロのサギ師タケと成り行きからコンビを組むことになった初老のサギ師テツ。  ある日2人のもとに、街で偶然知り合った少
  • 2012.12.23 (Sun) 20:39 | CINECHANが観た映画について