検索結果内の著者情報 2012年12月19日(水)22:18:20

自分が作成したコンテンツ(ブログ)についてGoogle ウェブ検索で
著者情報が検索結果に表示されるようにする。

[手順]検索結果内の著者情報
(1)Google+ プロフィールを作成し、はっきりと識別出来る顔写真を
   プロフィール写真として設定する。
(2)下記の方法のいずれかでコンテンツをプロフィールに関連付けて、
   コンテンツの著者情報を確定する。

①確認済みのメール アドレスを使用してコンテンツを Google+ プロフィールにリンクする
 この方法は、コンテンツと同じドメインのメールアドレスが必要
②コンテンツを Google+ プロフィールにリンクすることによって著者情報を設定する
 ブログに「?rel=author」パラメータを含めた、Google+ プロフィールへのリンクを記述する方法

いずれの方法の場合でも、どの著者データが抽出されるか確認するには、
構造化データ テスト ツール」を使用する。
ブログのURLを入力するだけでどの著者データが抽出されるか確認出来る。
※管理人は②でやってみた。

関連サイト:Google+ ページをウェブサイトにリンクする方法
参考サイト:自分のコンテンツのGoogle検索結果に「Google+プロフィール情報」を表示させる方法
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 Google+  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年12月02日(土)03:01:11ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『ヒロイン失格』 再見 2018/08/17
『結婚(2017年版)』 2018/08/16
脚本家 布勢博一 死去 2018/08/15
『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』 2018/08/14
川口 俊和 著 『この嘘がばれないうちに』 2018/08/14
『美しい星』 2018/08/13
『オーシャンズ8』 2018/08/12
『マイウェイ 12,000キロの真実』 2018/08/12
『パーフェクト・レボリューション』 2018/08/11
『密偵』 2018/08/10
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第45位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第22位
アクセスランキングを見る>>