『顔のないスパイ』

顔のないスパイ
上院議員暗殺事件が発生。
その手口から、引退したCIA捜査員が招聘される...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Double
リチャード・ギアが引退したCIA捜査員を演じるのだが、
設定が禁じ手「捜査員=犯人」と早々に明らかにされるので興味半減

ポール・シェファーソン(リチャード・ギア)
  引退したCIA捜査員 在職時は旧ソ連の暗殺者カシウス担当
  CIA長官トム・ハイランド(マーティン・シーン)
  CIA長官ともなるとFBIを捜査から除外出来るの??
ベン・ギアリー(トファー・グレイス)
  FBI捜査官 「カシウス」を題材にした修士論文を書く(ポール既読)
  今回の捜査の相方(FBIとCIAの合同捜査!?)
  妻ナタリー(オデット・ユーストマン)司書
   娘ルーシー 赤ん坊ニコラス

謎の暗殺者カシウス=ポール
  手口 ワイヤーで喉を掻き切る
  交差点での人を転ばせ衆人の注意をそちらに向けておいての瞬殺は見事
カシウス7 選抜された暗殺者7人
  ブルータス(スティーヴン・モイヤー)
  クレター博士みたいな囚人を予想していたら違った
  顔に十字の傷 差し入れられたラジオの乾電池を飲み込み脱走を図る
  病院駐車場でポールと対峙 消される

ポールの正体
  1988年6月以降 復讐による殺人
  ヨハン・ボズロスキー(タマー・ハッサン)元KGBに妻子殺される
  商売女アンバー(スタナ・カティック)兄レオ
  ナタリーを通じてベンに捜査から降りるよう忠告
ベンの正体
  10歳からロシアから派遣され潜伏していた二重スパイ



管理人は最初の少年野球で知り合ったモリー(ニコール・フォレスター)が
のちのち絡んでくるのかと深読みしてしまった。
因みにニコール・フォレスターはトム・クルーズの新作『アウトロー』に
夫に内緒でプレゼントを購入する三番目の犠牲者役で出演している。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月01日(土)01:58:44
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment