角田 光代 著 『空中庭園』

空中庭園
【単行本】
郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは
「何ごともつつみかくさず」。
でも、本当はみんなが秘密をもっていて…。
2003年 第3回婦人公論文芸賞受賞作品
映画化
監督/脚本:豊田利晃
配役:
 祖母 木ノ崎さと子 : 大楠道代
 主人公 絵里子(36) : 小泉今日子(4年ぶりの映画出演)
 夫  貴史(40) : 板尾創路
 娘  マナ(16) : 鈴木 杏
 息子 コウ(14) : 広田雅裕(広田レオナの長男)  

《 Keyword 》
 ”ダンチ”=グランド・アーバン・メゾン
 ”ディスカバリー・センター”=郊外型ショッピング・センター

《 語り部 》
 「ラブリー・ホーム」=娘・マナ
 「チョロQ」=夫・貴史
 「空中庭園」=妻・絵里子
 「キルト」=祖母・さと子
 「鍵つきドア」=愛人・ミーナ
 「光の、闇の」=息子・コウ

《 PickupWord 》
 「手に入れるということと、与えられたものを受容するということはちがう。」
 「愛が足りないと、人は何をするかわかんないんだからね。」
 「もし人が、死の間際に求めるほど近しい家族にでも、
  何かを完璧に隠蔽しようと思ったら、それは楽勝で可能なのだ。」

【 角田光代作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年07月27日(木)02:43:23
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment