cinema-days 映画な日々

『パッション・プレイ』

2013/03/18
ミッキー・ローク ミーガン・フォックス
パッション・プレイ
マフィアのボスの女に手を出し
追われるトランペット奏者が
サーカス団で翼を持つ美女に出会う...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Passion Play

【スポンサーリンク】
ネイト・プール(ミッキー・ローク)トランペット奏者
 マフィアのボスの女に手を出し追われる
 相談相手ハリエット(ケリー・リンチ)
 バンド仲間マッド・マルコム(ロバート・ウィスダム)
ハッピー・シャノン(ビル・マーレイ)マフィアのボス
 本名マイケル
リリー・ラスター(ミーガン・フォックス)翼を持つ美女
 サーカス団のサム(リス・エヴァンス 『アメイジング・スパイダーマン』)

トランペット奏者にミッキー・ローク、マフィアのボスにビル・マーレイ
奪い合いになる美女にミーガン・フォックスとくれば、完璧なギャング映画を
想像するが、実際二人とも「翼の生えたエンジェル」を見世物にして儲けようと
考えるが、ハッピーらに屋上に追い詰められた二人がダイブするラストは
究極のラブファンタジーだった。
空中の二人が地上に見た倒れた男は、冒頭に拉致されたネイト自身だったのか!?
撃たれる前にネイトが見た大鳥=リリーの化身だったのかぁ...
BGMで流れるインストゥルメンタルの音楽も良かった。

翼映画で思い出すのは...
□ ジョン・トラボルタの『マイケル
□ エマニュエル・ベアールの『天使とデート
□ 『X-MEN:ファイナル ディシジョン



ネイト役のミッキー・ロークと相談相手役のケリー・リンチは
逃亡者』(1990年)で共演。二人ともこの頃がピークだったかな...

このギャップが受け入れられず!?日本だけでなく米国でも劇場公開されず、
そのままDVDスルーになった。
エンドロールに「ゼルダ・グレイザーに捧ぐ」の献辞は
監督ミッチ・グレイザーの奥さんの事だろうか...
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ハ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ハ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook