『僕等がいた 前篇』 2013年04月02日(火)03:45:16

僕等がいた(前篇)スタンダード・エディション [DVD]僕等がいた(前篇)
高2の新学期、昨年恋人を交通事故で
亡くした彼と付き合い始めるが、
彼の親の引越しで遠距離恋愛となる...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:小畑友紀の漫画
「2部作連続で贈る切なくも愛おしい壮大なラブストーリー」
管理人が苦手な二人 生田斗真吉高由里子 の共演作だが結構、ハマる。

舞台:北海道 釧路
釧路第一高校 高2の新学期 校舎屋上が二人の出会い
 高橋七美(吉高由里子) 数学テスト8点
 矢野元晴(生田斗真)紙飛行機の点数は0点じゃなくて100点
「彼はその時まだたったの17歳で、けれど支えなければならない現実はいつも彼の体より大きかった」

高橋七美:学級委員
矢野元晴:頭がよく運動神経も抜群、容姿端麗だが音痴 愛称:モト
クラスの女子の殆どが好きになる人気者だが、時折淋しげな表情を浮かべる
  母 庸子(麻生祐未)シングルマザーで元晴を産み、その後結婚
            今回離婚を期に東京に引越し
            再検査の通知(後篇で明らかに 実は末期癌だった)
  親友 竹内匡史(高岡蒼佑)愛称:タケ 実家酒屋
     姉 竹内文香(須藤理彩)ジュエリーショップ店長
       恋の指南役 二人にお勧めの指輪は35.000円
  元カノ 山本奈々(小松彩夏)1歳年上 彼氏とドライブ中事故死
     思い出の品:赤いマフラー 切り裂いた写真
     妹 山本有里(本仮屋ユイカ)矢野と中3から同じクラス ピアノ弾く
       奈々を亡くした失意の矢野と一度関係を持つ

後篇は矢野の引越しで遠距離恋愛となった二人の6年後を描く
16歳 → 22歳
高橋七美の志望校は上智大学
山本有里の志望校はお茶の水大学 東京でも二人のバトルは続くのか
「記憶はいつもそこにいる。けれど記憶はいつもそこで途切れる。17歳の僕等がいたあの場所で…」

生田斗真:1984年10月7日 製作時は27歳かぁ
吉高由里子:1988年7月22日 同じく23歳 後篇の方が自然ですよね。

主題歌:前篇『祈り 〜涙の軌道』 唄:Mr.Children  [後篇の感想

僕等がいた(前篇)スタンダード・エディション [DVD]僕等がいた(後篇)スタンダード・エディション [DVD]祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 生田斗真 吉高由里子  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: -0001年11月30日(水)00:00:00ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 2017/10/22
視察研修2017年 2017/10/20
『刑事ゆがみ』 第二話 2017/10/19
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
「ブラック星博士の東海征服計画2017」 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第78位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第36位
アクセスランキングを見る>>