『ジョン・カーター』 2013年05月06日(月)23:07:20

ジョン・カーター
火星に瞬間移動された男が
2国間の争いに巻き込まれる...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:John Carter
原作:エドガー・ライス・バローズ 『火星のプリンセス』
1881年 N.Y.
 ジョン・カーター(テイラー・キッチュ)が尾行を撒きネッドに電報
 甥エドガー・ライス・バローズ(ダリル・サバラ) = 愛称ネッド
 カーター宅到着 執事トンプソン 弁護士ダルトン
 「大義に生き、恋に落ちて、本を書け」

 カーターの遺書
 ・ 莫大な遺産 25年信託
 ・ 内側からしか開けられない墓の管理
 ・ 一冊の日記
1868年 南北戦争 カーター大尉南軍ヴァージニア出身
   妻サラ娘亡くす
   バウエル大佐とインディアンに追われ、蜘蛛の洞窟へ

火星(バルスーム)へ瞬間移動
  大国ヘリウム VS ソダンガ国
  カーターは地球(ジャスーム)に戻る方法を探す イス河の聖門
  「人口が増えると社会が分裂してゆき、戦争が広がる。
   その間に星は放置され、衰えてゆく」

 大国ヘリウム(赤色人)
   タルドス・モリス皇帝(キーラン・ハインズ)
   娘デジャー・ソリス(リン・コリンズ)王立科学院理事 第9光線研究
   カントス・カン提督(ジェームズ・ピュアフォイ)
 ソダンガ国
   サブ・サン王子(ドミニク・ウェスト)デジャーに結婚迫る
   マタイ・シャン(マーク・ストロング 『ロビンフッド』で言及)が操る
 
 サーク族(緑色人)
   タルス・タルカス皇帝(ウィレム・デフォー)
    娘ソラ(サマンサ・モートン)体中焼印
    忠犬!?ウーラ(憎めないキャラ)
   タル・ハジュス(トーマス・ヘイデン・チャーチ)次期王狙い
    大白猿使う カーターとの一騎打ちに負け

3部作の1作目 続編は製作される!?本国で大コケ
管理人が思う原因
 ① 主演の二人の魅力
  ジョン・カーター役テイラー・キッチュは『バトルシップ』と大作2作で大コケ
  皇女デジャー・ソリス役リン・コリンズに華が欠ける
 ② サーク人の造形(四本腕)がちゃっちぃ
 ③ 知った顔を実写役にしたら、良かったのに勿体無い
   タルス・タルカス役ウィレム・デフォー
   タル・ハジュス役トーマス・ヘイデン・チャーチ
   ソラ役サマンサ・モートン
 ④ 何なの!?残る謎
   デジャーの第9光線/サーン 女神の使い三人衆
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2016年05月12日(木)05:22:42ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
視察研修2017年 2017/10/20
『刑事ゆがみ』 第二話 2017/10/19
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
「ブラック星博士の東海征服計画2017」 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第76位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第37位
アクセスランキングを見る>>