『ラム・ダイアリー』

ラム・ダイアリー
N.Y.からプエルトリコにやって来た
ジャナリストの狂騒の日々を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:ハンター・S・トンプソン
原題:The Rum Diary
ジョニー・デップが親友で異端児だった米国のジャーナリスト
ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を自ら企画・製作・主演で映画化

舞台:1960年プエルトリコ サンファン
「サンファン・スター紙」潰れかけの新聞社
ポール・ケンプ(ジョニー・デップ)N.Y.からやって来たアルコール依存症の記者
  編集長E.J.ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)カツラ頭
  カメラマン ボブ・サーラ(マイケル・リスポリ)アパート紹介 闘鶏で稼ぐ
          二人乗りのポンコツカーが可愛い
  記者モバーグ (ジョヴァンニ・リビシ)犯罪・宗教専門の特約記者
          470度の酒を醸造 火炎放射として威力発揮(笑)

ハル・サンダーソン(アーロン・エッカート)元編集者 不動産仲介
  恋人シュノー(アンバー・ハード 『ドライブ・アングリー』等で取り上げ)奔放
  部下セグーラ(アマウリー・ノラスコ) デコ電ならぬデコ亀ハリー飼う

米軍借用地跡にツインのリゾートホテル建設計画
    元海兵隊アート・ジンバーガー(ビル・スミトロヴィッチ)少佐
      内部情報:米海軍の演習場借地契約放棄83平方キロメートル
    マイアミM銀行グリーン(アンディ・アンバーガー)
      助手モンク(アーロン・ルスティング)
    せさっ傾斜ラザー(ブルーノ・イリザリー)
「サンファン・スター紙」閉鎖
    ケンプらデモ計画 闘鶏”怪物”で6000$稼ぐ
    両性具有の祈祷師パパ・ネボの呪術の魔力絶大
    マイアミM銀行 印刷機械処分 最終号発行叶わず

[ラスト]
 ケンプがサンダーソンのボートを失敬し、一人船出
 盟友サーラ、モバーグ と別れ...無事操縦出来たのか

[字幕スーパー]N.Y.でケンプはシュノーと結婚したとの事
 「思い出に捧ぐ ハンター・S・トンプソン(1937-2005)」

ジョニー・デップ出演作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年07月09日(土)22:33:36
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment