『怪物』

読売テレビ開局55年記念ドラマ『怪物』
2013年6月27(木) 日本テレビ系 午後9:00~11:08
演出:落合正幸/脚本:森下直/原作:福田和代「怪物」

『怪物』

刑事サスペンスというよりホラー系の暗い絵作りでした。
[配役]
 香西武雄:佐藤浩市 … 殺人現場で「死の匂い」を感じ取る特殊な感覚を持つベテラン刑事
  1か月後に会計課へ異動 15年前の未解決事件を掘り起こす中で「怪物」と出会う

  三國連太郎が亡くなってから初見の作品となる
  「怪物」からイメージのは「諸先輩の俳優さんや監督さんです。『怪物』というきれいな
  例えよりはバケモノですね。そんな方たちをずっと見て参りました」


 真崎亮:向井理 … 有機物を溶かしてしまうゴミ処理施設の研究員
  20年前、詐欺グループに5000万円詐取され両親入水自殺
  亜臨界水で遺体をDNAレベルで分解してしまう「怪物」

 藤井寺里紗:多部未華子 … 15年前9歳で誘拐暴行を受けトラウマを負った女性
  難しい役どころに「撮影が楽しみでは一切ない」(笑)
 石川えみ:栗山千明(特別出演) … 香西の後輩刑事 丈の短いスカートでファンサービス
  「(打ち上げの)お酒を楽しみに頑張る」

 堂島昭:要潤 … 二世議員を目指す 15年前に里紗を誘拐暴行
  ただ、役割としてはサイコな真打「怪物」の引き立て役かな
 山本雪子:いしのようこ … 真崎と同じマンションの住人
  息子の夫殺しを隠蔽 遺体処理を真崎に依頼
 香西の上司:矢島健一/雪子の同僚:山下容莉枝

『怪物』

最後は香西も怪物側の人間に
「俺には奇妙な能力がある。殺しの現場には一種独特の頭痛がするような匂いがあるんだ
 殺された者だけが放つ死の匂い。俺にはそれを嗅ぎ取る役に立たない特殊能力がある。
 自然死じゃ匂わない。異常死、まあ、主に殺人の時だ。理由は判らない。何故、俺なのかも判らない」

「怪物として生きるより、人間として死ぬ方を選ぶ」
「世の中には消えたいと思っている人と、消えて欲しいと思われている人がいる」
「彼女が解放されたもの、それって善悪の判断ですよね。
 復讐の為なら、どんな壁も越えて良いんだ。」
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: -0001年11月30日(水)00:00:00
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment