『それでも、愛してる』

それでも、愛してる [DVD]それでも、愛してる
鬱病の玩具会社社長がビーバーのパペットを通じて
社会復帰をはかるが...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Beaver
ジョディ・フォスターの第三作目の監督作品。
メル・ギブソンとの共演は『マーヴェリック』(1994年)以来17年ぶり

ブラック家
ウォルター(メル・ギブソン)玩具会社ジェリーのCEO
  鬱病 担当医メイシー医師(1年間通院なし)
  自殺未遂 → 左手にビーバーのパペット(腹話術人形)
妻メレディス(ジョディ・フォスター) エンジニア
  長男ポーター(アントン・イェルチン)
    卒業スピーチ代筆 → ブラウン大学入学取り消し
    ストレス発散 → 部屋の壁に頭突き
  次男ヘンリー(ライリー・トーマス・スチュワート)

玩具会社
  ビーバーの大工セットで持ち直し
  ウォルターTV出演 司会マット

  ウォルターの葛藤 → 左手切断・パペットと決別
  副社長モルガン(チェリー・ジョーンズ)が社長後任

卒業スピーチ 代筆依頼
  ノラ(ジェニファー・ローレンス 翌年『ハンガー・ゲーム』)
  亡兄ブライアン薬物死
  タギング(スプレーペンキで描かれた落書き)で補導

ウォルターの欝はパペットへの人格の投影?逃避?
途中で二重人格的になり双方間で葛藤が生まれる。
決別する手段として腕の切断は何となく予感出来ましたね。

いくら玩具店といっても、会社のトップがパペット依存では
社会的信用が付いて行かないでしょう...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月15日(水)02:42:13
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment