cinema-days 映画な日々

『終の信託』

2013/08/28
【邦画】[タ行] 0
役所広司 大沢たかお 草刈民代
終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組)
終の信託
生前の患者からの依頼に従い、延命治療を止めた女医が、
3年後、殺人として検察に尋問を受ける...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:朔 立木(さく たつき)
江木秦三(えぎしんぞう)(61)(役所広司)
 喘息患者25年 同じ役所の病気もので『象の背中』を想起
 妻 陽子(中村久美 こういう役が似合い過ぎ)両親の介護・看護の人生
 長男 かおる/長女 ゆきこ
 満州にて5歳の時 ソ連軍の流れ弾で妹ゆき亡くす 意識が無くなる中で子守唄を聴かせる
 女医にCDプッチーニのオペラ(「ジャンニ・スキッキ」の中の「私のお父さん」)を貸す
 土手を歩くのが好き 一人河川敷で行き倒れ(所持品:診察券のみ 覚悟の旅路)

折井綾乃(おりいあやの)(46)(草刈民代)
 あまね中央病院呼吸器内科勤務18年 初の女性部長
 江木担当15年 ぜんそく日誌61冊 信頼する女医
 高井医師(浅野忠信)不倫相手
  「お前、どうすんだ?こんなみっともないことして」
  「俺、結婚するなんて言ったっけ?」
   → 酒と睡眠薬で自殺未遂 同僚医師(矢柴俊博)
 終末臨場看護士 斉藤 鎮静剤「セルシン」静脈麻酔薬「ドルミカム」

塚原透(大沢たかお)検事 待たせる戦術
 事務官 杉田正一(細田よしひこ)
 受付(徳井優)

<< 患者の死を認容する条件 >>
 (1) 耐え難い肉体的苦痛がある
 (2) 死が避けられず、その死期が迫っている
 (3) 肉体的苦痛を除去・緩和する為に方法を尽くし、他に代替手段がない
 (4) 生命の短縮を承諾する患者の明示の意思表示がある


終の信託 = 延命治療拒否 死期の判断を委ねる
「人間が死ぬ時、まず駄目になるのは視覚だそうですね。最後まで残るのは聴覚だそうです。
そうなんですか?ものが言えなくなっても、見えなくなっても、声だけは聞こえているとか」

「自分がそうなった時、その時、出来たら、僕の意識が完全になくなるまで、先生、
言葉をかけて頂けないでしょうか。出来たら、意識がなくなっても、人から見て意識がなくなっても、
本人は、まだ意識があるんじゃないかと、それが心配なんです。その時が一番怖くて、
助けが欲しいんじゃないかと・・・思うんです」

「只、生かしておく為めに、体中チューブに繋がれ、只、生きてる”肉の塊”で生きたくない。
僕は先生を誰よりも信頼しています。先生に決めて頂きたいんです。
僕がもう我慢しなくても良い時を。その時を、先生にお預けします」

『終の信託』

判決:懲役2年 執行猶予4年
ぜんそく日誌が「リビング・ウィル」と認められた
その最後のページに「延命治療は望まない。全ては折井先生にお願いした」との一文があった。
裁判所は、その一文を「リビング・ウィル」と認めたが、
「そもそも被告人の診断には明らかな誤りがあり、患者には回復の望みがなかったわけではない。
加えて、家族への説明も不十分であった」

前半は喘息患者役所広司の闘病/後半は検事大沢たかおの執拗な尋問が
バランスよく配されて、達者な演技を見せてくれるが
上映時間 144分と長め、映画でなくても良かったかな。。。
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【邦画】[タ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook