cinema-days 映画な日々

『シャンハイ』

2013/10/15
ジョン・キューザック 渡辺謙 コン・リー
シャンハイ
親友の死の真相を探る為、上海にやって来た米諜報員は
裏社会のボスの妻と出会う...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Shanghai

【スポンサーリンク】
舞台:1941年上海(太平洋戦争開戦前夜)
 租界=外国人が居留して、その地区の警察権や行政権を握っていた特別区
 米国は正義の味方,中国が被害者,日本が悪役として描かれる
 諜報員が追っていた情報とは...日本軍の真珠湾攻撃が始まる

ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)米国諜報員
 友人コナー(ジェフリー・ディーン・モーガン 顔がでかい)の死の真相を探るべく
 上海ヘラルド新聞記者として入国 常宿パレスホテル
 上司リチャード・アスター(デヴィッド・モース)
 情報屋キタ(ベネディクト・ウォン)女と出国の際、拿捕される
 レニ・ミューラー(フランカ・ポテンテ 『ラン・ローラ・ラン』)後半登場せず

アンソニー・ランティン(チョウ・ユンファ)上海三谷会のボス 従妹シンシン,リリー
 妻アンナ(コン・リー)反日レジスタンス
 カジノでシガレットケースを使って仲間と連絡

タナカ大佐(渡辺謙)日本軍情報部
 愛人スミコ(菊地凛子)アヘン中毒 → コナーと密会情報流す
 タナカ大佐と魚雷を大量に積み込む空母”加賀”将校の密会写真

チョウ・ユンファ&コン・リー渡辺謙&菊地凛子

[ラスト]日本軍が真珠湾攻撃 米開戦
 ① タナカ大佐がアンナを連行
 ② それを阻止すべく、アンソニーがタナカ大佐を撃つ
 ③ 撃たれた部下の一人がアンソニーを撃つ
 ④ アンソニーはアンナをソームズに託し、車中で絶命
 ⑤ ソームズはアンナを妻として出国申請
 ⑥ 乗船の見張り番としてタナカ大佐が立ち会う(謙さん儲け役)

無事乗船した二人だが、結局アンナはマカオで下船
上海に戻る。ソームズもまた...

渡辺謙は不適な悪役。菊地凛子は出番は少ないが印象に残る。
チョウ・ユンファは嘗てのノワールばりのガンアクションを見せ、
コン・リーは迫力ボディで妖艶だ。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook